盆栽展に行ってきました

私は盆栽初心者です(陶芸もだけど)。なので今まで一度も盆栽展というものに
行った事がございません!

…という訳で、金曜日に初めて行ってきました盆栽展。
会場が広島駅前の福屋(百貨店)という非常に便利の良い場所だったので良かったです
(自宅最寄の駅からJRにて15分で到着)
いやすばらしい盆栽を見学させていただくついでに、併設の即売会で
安い素材でも入手できればなぁと思いまして…

というかむしろ即売会ありきというか正直そっち目当てです

感想としては、やっぱり安かったです。(まずは展示内容についての感想言えやコラ)
インターネットの盆栽はどこも割高という話を聞いたことはありましたが、
実際生盆栽の値付けを見てみればそれも納得。
特に長寿梅の品揃えは充実しており、大体ネットオークションの半分~3分の1くらいの
お金で買える感じでした

それで改めて思ったこと。それはやはり、盆栽は自然が一番だという事です
今回の即売会には関東のものも含め複数の盆栽園さんが参加されていたのですが、
そういう樹をずらっと並べて眺めているとやはり盆栽園による
育て方の違い、哲学の違いというものが透けて見えてくるような気がします

ハッキリ言いますが、私は「作り過ぎた」盆栽が大嫌いです。
つまり枝を一分のスキもなくきっちりと整え、強引に小さくし、
無理やり多肥を施して促成栽培的に幹を太くしてしまおうという作り方が嫌いです
樹は生き物ですから、一本一本個性があり性格があり持ち味があります
それを無視し人間の都合で無理やり思うとおりに作ってしまおうというのは
いささか傲慢な行いなのではないでしょうか(初心者が偉そうにすみません)
自然を完全に支配下に置こうという考え方、これは完全に西洋的な発想であり
和の精神にはそぐいません
(日本庭園とフランス庭園を比べてみればお分かりいただけると思います)

「この大きさでは小品盆栽の展示会に出せないから」などという
下らない理由でせっかく元気に育っている黒松の枝を全部切り払ってしまい、
枝継ぎをして小さく作り直す
あるいは山から大量の実生苗を取って来て数年育て、
モノにならないと思ったら片っ端から水もやらず捨ててしまう

盆栽の世界では今もこういう事が平然と行われています。
これは私にとってはとても残念なことであり、またそういう事をする
人たちの事を(それがどんなに高名な盆栽家であろうと)私はハッキリと軽蔑します
そこには命に対する畏敬の念が全く見られないからです

何だか若造がうるさい話をしてしまいました、すみません
それで今回の展示会の話に戻るんですが、やっぱり伸び伸びと育った木は
見ていて清清しい気持ちになりますね。
限られた予算の中でいくつか樹を買いましたが、どれもそういう育て方を
されている盆栽園から買わせて頂きました

c0219927_16551214.jpg

これはそのうちの一鉢、珍しく黒松です(私はどちらかというと元気で生育旺盛な
黒松よりも繊細で弱弱しい所がある赤松五葉松の肩を持つ傾向が…)
樹高は約20センチで模様木としてはちょうどいいサイズ

ちなみに立ち上がりに重なるようにそびえたっている石が明らかに邪魔なので
この後カチ割って石の高さを半分にしました。(ムチャクチャだ)
ちょっと自分が買う樹としては骨格が出来すぎている感もありますが
(左の二の枝をもう少し下げてしまえば正直もうあまりやる事はなさそう)、
いかにも元気一杯で「おうそこの若造、さっさとオレっちを買って帰りな!!」
言っているような感じだったので買ってしまいました(8000円でした)

一度手にしてみると黒松もなかなかいいナと思えてくるから不思議ですね

いやそれはお前がいい加減なだけだッ
[PR]
by 1000ray | 2010-01-31 17:15 | 盆栽


<< 瑠璃釉に挑戦中! 37回目の七輪陶芸~3つぐい呑... >>