赤松マニア

c0219927_15184125.jpg

c0219927_15184116.jpg

c0219927_15184118.jpg

自分は赤松が好きです。
ちょっと水をやり過ぎると弱っちゃうような、あのか弱い感じ&繊細さが最高です。

画像の木などは他の方からすれば「何でこんな樹買ったの?」…と思われてしまうような物かも知れませんが、
私の場合葉の色が元気そうな赤松を見るとつい買ってしまうという星に生まれてきたので何ら問題はありません(マテ)。

この樹の場合は角度を変えて懸崖にするか、或いはこのまま文人にするか…という所でしょうか。
まぁ正直そんな事はどうでも良いのですが(いやダメだろ!)


よく赤松は公害に弱いとか酸性雨に弱いとか言われる事がありますが、実際にはそんな事はありません。
松類の天敵マツノザイセンチュウにも比較的耐性がありますし、アブラムシやハダニ、ワタムシ等の
害虫の発生も他の松と比べるとうんと少ないです。
もしかしたら潮風への弱さが誤解を生んでいるのかも…沿岸部では夕方に葉水で
塩気を洗ってあげると元気になると思います。

それから盆栽の赤松というとまず思い浮かぶのは文人木。しかし案外私は普通の模様木も好きだったりします。
幹が赤くなった古木とか見るともう辛抱たまりません…!
(しかし盆栽では中々幹肌が赤くならないと言われています)

画像の木も幹肌はかなり古さが出ているので、これで赤みがもっと増してくると良いのですが

栽培環境を厳しい山のそれに近付けてやれば幹肌が赤くなりやすいとか、そういう栽培技術があればなぁ…
[PR]
by 1000ray | 2010-02-11 15:18 | 盆栽


<< 赤松と黒松の見分け方とか松類のお話 ウグイスカグラが開花 >>