独り言

c0219927_20124781.jpg

写真はこの間行った盆栽展に展示してあった赤松の文人木。(いやどうせ撮るなら右側の受けも撮ろうよ…)

文人木って、盆栽初心者の私からするとすごく難しいジャンルです。何というか、哲学的(?)
クネクネッと曲がった細幹がどこか軽妙で飄々とした様を見せているような物もあれば、
自然の厳しさや老木の寂廖感みたいな物を静かに表している物もあったりとか。
風流や粋といった言葉だけでは表せない部分があると思います。

何というか、作り手の好みやセンスが物凄く表れるジャンルですよね。

…いやそれは盆栽全般に言える事か…。一口に模様木と言っても作りまくったようなのから
ほとんど自然任せなのまで色々あるし…。
うーん、盆栽のスタンダードって一体何なんでしょうね?
個人的には国風展で賞を受けるような木ではあって欲しくと思うんですが…。
[PR]
by 1000ray | 2010-02-19 20:12 | 盆栽


<< 46回目の七輪陶芸~ウギャア釉薬 通販で苗を買うとよくあります >>