ニレケヤキの芽摘み

c0219927_22255340.jpg

グフッ まだ寒気にこれだけの力が残っていようとは…!

この頃の暖かさに安心しようやく伸び始めていたサルスベリの芽も、今は『ウッ…』って
感じで固まってしまってますよ。ええ加減春になりきって下さい…本当に。

さて、このブログにも度々登場しているニレケヤキさんですが、そろそろ新梢の伸びが
目立ってきたので一回目の芽摘みをしました。
…と言っても何も難しい事はなく、画像で指差した部分のように葉の輪郭線から
はみ出てきた芽をただ鋏で切っていくだけです。
こうするとすぐに二番芽が伸びてきます。生長早いですからね~。

ただ残した枝の先端の葉のつけ根から二番芽が伸びる事が多いので、例えば右側に
二番芽を伸ばして欲しいなぁという場合は右側の葉の上で芽を摘んでやると上手くいく…
…ような気がしないでもないんですが、摘んだ部分を全て確認している訳ではないので

あんまり自信はありません。

ニレケヤキの場合夏までこんな感じで伸びてきた枝を摘み、伸びてきた枝を摘み…を
繰り返しておれば勝手に細かい枝が増えてくれますので、盆栽として
作っていくのは非常に簡単な樹種です。剪定にも強いし。

また葉が小さいので10センチ前後の大きさでも十分に大木感が出せますし、
水と肥料を多めに与えてやれば幹の太りも早い(と思う)。
病害虫や暑さ寒さにも強く、繁殖は挿し木で簡単にでき、小さくしようと思えば
取り木だって容易です。

う~ん、ニレケヤキは盆栽界の完璧超人ですね!クォーラルスペシャル!

生長が早いので毎日眺めているのも楽しく、盆栽生活スタートにも
うってつけの木なんじゃないかと思います。
(素材の値段も比較的お手頃)

ただとにかく根の伸びがすさまじいので植替えは毎年必要です。

敢えて難点を挙げるならそれぐらいでしょうか…でもそれ以外は本当に
扱いやすい木です。
[PR]
by 1000ray | 2010-04-23 22:25 | 盆栽


<< 無惨!釉薬モノ!! 54回目の七輪陶芸~南蛮皿と変... >>