やる気の無い肥料を啓発セミナー

c0219927_2114643.jpg

何かここ数日妙にぐったりしてまして、ブログ更新をサボってました、すみません
早くも夏バテかな…

さてさて。
盆栽の肥料として一番ポピュラーなのはやはり『発酵油粕』の玉肥!…なんですが、
一口に発酵油粕と言ってもメーカーによって結構品質の差があるようです

大雑把に言うと、色が黒っぽくて袋を開けるとツーンと苦い(?)感じの匂いがするのが
効き目の早いやる気のある油粕。(置き肥をするとすぐにキノコが生えます)

逆に色が灰色っぽくて、まだまだ油の匂いが漂っているようなのが
あまりやる気のない油粕です
(ただし前者は割と崩れ易いという性質があるような気も…
あと後者の方が発酵が進んでない分長持ちはするかも知れません)

ただ、やる気の無い肥料を買ってしまったからと言って落胆する必要はありませんぞ

画像のようにですな、アンニュイな油粕(仮)を適量ビニール袋に移し、
霧吹きで適当に湿り気を与えておきます
後は袋を密閉して暖かい所に放置しておけばあら不思議、勝手に発酵が進んで
黒い玉肥の出来上がり!!
たまに湿気を足してやると尚宜しいです

いい感じに熟成が進んだら袋を開放し、天日干ししておくと崩れにくくなりますよ


でも近頃はアレですよね。穏やかに溶ける良い化成肥料が出ているので正直あまり
有機質肥料に拘る必要も無いのかも知れません。
特にアパート&マンション住まいの方は化成肥料の方が色々な面で楽なんじゃないかと。
虫来ないし

松類は土の中の菌ソウが関係あるかも知れませんが
[PR]
by 1000ray | 2010-05-17 21:14 | 盆栽


<< 59回目の七輪陶芸~鉄釉の手捻... 油断… >>