百日紅(サルスベリ)の針金掛け

c0219927_1826825.jpg

c0219927_182689.jpg

このサルスベリはもう何年も私が樹作りを失敗している樹なので
本当はまだ写真なんて載せたくないんですが、今年こそはちゃんと枝作りを
成功させるぞという決意を込めてここに公開させて頂きます(笑)

サルスベリはね、とにかく生長が早いんですよ。否、早すぎるんですよッッッ!
新しい枝が伸びたなと思って数節残して剪定したら、二週間後にはもう新しい芽が
伸び始めたりしますからね。
しかもどんどん先へ先へと伸びていくので半端な芽摘みじゃ枝が伸びる一方で、
全然枝分かれが出来てくれません。そして冬になったら太い枝でも容赦なく枯れ…
(※冬季保護はしてるんですよ)

何年も経ったのにご覧の有り様だよ!!

今年は去年までの反省を踏まえなおかつ本で仕入れた知識を活用し、

・とりあえず花は絶対に咲かせない
・芽摘みはとにかく深く(基本小さな稚児葉だけを残して全部切る)

この二点を徹底して行うつもりであります。

さて今日の針金掛けなんですが、この時期のサルスベリの枝はまだとても柔らかいので
キッチリと針金を掛けると枝が萎れてしまいます
なので今回は本当に押さえる程度というか、螺旋状に枝を囲った針金で
方向を修正してやる程度にとどめました
こんなゆるゆるな針金でも1ヶ月もしたら外してやらないといかんのですけどね


ちょっと今数えてみたらコイツ、既に四番芽まで伸ばしてますね。
これが暑くなってくるともっともっと枝を出すペースのが早くなります
…やっぱ生長早過ぎ。
[PR]
by 1000ray | 2010-06-22 18:26 | 盆栽


<< 錦松の整姿なぞをしてみる 金葉と銀葉 >>