錦松の整姿なぞをしてみる

c0219927_1729676.jpg

樹冠部分の剪定と軽い針金掛けでだいぶさっぱりしましたね

植わってる南蛮皿は相変わらず頂けませんが……

話は変わるんですが、やっぱ盆栽の原点ってこういう風に片手で持てる
大きさの物だと思うんですよね。
そりゃ盆栽美術館や国風展に並ぶような大物盆栽は鑑賞させて頂く分には
迫力があって最高だと思いますが、そんな大きな樹を個人で維持管理するのは
オオゴトです。植替えや芽摘みだって数人がかりでやらんと…うへあ…

その点このくらいの大きさなら何時でも気楽に机の上に運んできてのんびり剪定をしたり
針金を掛けたりして楽しめます

いや、つまりはもっとミニ盆栽や小品盆栽の市場が充実して欲しいナという
一消費者としての願望を述べてみただけなんですけどね…
[PR]
by 1000ray | 2010-06-24 17:29 | 盆栽


<< 山から持ってきた赤松の根付け結果は… 百日紅(サルスベリ)の針金掛け >>