芽がぁ、芽がぁアアア!

c0219927_16245120.jpg

まあタイトルに全く意味は無いんですが、先日針金掛けをしたサルスベリの枝途中から
新芽が伸びてきました。

こんな感じで、針金掛けの刺激で途中の芽が動くという事は結構よくあります
(特に雑木盆栽)

植物には頂芽優先という性質がありまして、枝の先端(生長点)を切って
止めてやっても一番先の節以外からは中々二番芽が出てくれません。

特にサルスベリはこの傾向が強く、枝芯を止める芽摘みだけでは
枝数を増やすのは結構難しいモノがあります
(勿論増えるには増えるんですが)


こういう樹の場合、こうやって針金掛けの力も借りた方が枝作りは早く仕上がるようです

それにしても生長早いなぁ…
[PR]
by 1000ray | 2010-06-27 16:24 | 盆栽


<< 棚場(ベランダ)が玄海灘 豆香丁木を葉透かし >>