「ほっ」と。キャンペーン

取り木つながりで

c0219927_18303344.jpg

取り木三幹の瑞祥を何となく。

しかし特に何もしてないので姿は入手時のままです(当たり前か)

バリバリに作が乗っていれば今の時期に幹にだけ針金を掛けるとか、
そういう事をしても問題ないと思うのですが。

暫く世話してみた所、どうもこの樹はまだ独立から年月が経ってないような感じがしたので
今年一杯はまず根の充実を優先させることにしました。
(土の水通りがよく乾きもそこまで早くないので、まだ根がそこまで伸びていないようです)

…という事で、今は水も肥料も極力少なめで管理中です。
根が出来てないのに肥料をやっても逆に弱ってしまいますのでね、フフフ…
盆栽に焦りは禁物です。

針金掛けについて言えば、五葉松は枝が柔らかいので正直いつでも曲げられますし


さてこの瑞祥なんですが。
私の中には『三幹の盆栽は真ん中が主幹じゃないとイカンそく!』…という固定観念が
ありまして、この瑞祥もそうする積もりだったんですが…

どうも端の幹が主幹でも全然問題ないようなので、だったら一番右の幹を主幹にするのが
自然かなあと考えている所です。

小品くらいのサイズで松林の雰囲気が出せれば良いんですが
[PR]
by 1000ray | 2010-07-10 18:30 | 盆栽


<< 梅雨明けはマダですか 止まない雨はないと言いますが >>