気晴らしに盆栽のネタを

c0219927_22235032.jpg

これは去年の冬あたりにホームセンターで買ってきた椿の苗木です。
品種は胡蝶侘助だったような気がしますが、まだ花が咲いた事はないので
正直よく分からん。
(園芸商品の品種タグはアテにならんとです)

買った時に針金で一応の曲は付けてあるので、後は芯を立て替えたりしながらひたすら
5年10年と持ち込む事にしましょう

話は脱線しますが…盆栽用語の『持ち込む』とは長い年月を経過させて樹に古みを持たせるとか、
まあ大体そんな意味合いで使われる言葉です。
広島弁の『みやすい(=易しい、簡単だ)』と同じくらい紛らわしい単語ですね
ちょっと『どこに持っていく気だよヘイ!』って感じがします

他に紛らわしい盆栽用語としては『腰が低い木(=枝が低い所から出ている良い木)』
というのがありますか。
別にオジギソウの盆栽とかそういう意味じゃないんですよ。


さて話を戻しまして

椿を育てていて気付いたんですが、どうもこやつは浅い所に根を張る性質があるようで
普通に土の上に肥料を置くととても根が焼け易いです。
施肥は液肥中心にするとか、或いは置き肥がダイレクトに用土に触れないよう
ちょっと工夫した方が良いみたい。(肥料自体は好む模様)
それから若い枝の付け根は著しく脆いので、針金掛けは注意が必要です

私は…さっきそれを忘れていて大事な胴吹き芽をポロリと殺ってしまいました…

せめて皆さんだけは…お気をつけて…

ぐふっ
[PR]
by 1000ray | 2010-10-02 22:23 | 盆栽


<< チリメンカズラの紅葉 70~71回目の七輪陶芸も無惨... >>