南蛮風(?)袋式長方鉢

c0219927_21373839.jpg

今日の広島はとうとう雪が降りやがりました。一気に真冬モード突入です

さて、この前焼いた袋式鉢が盛大に歪んでしまったので(笑)、また再挑戦しております
今度はちゃんと四つ足。

こういう鉢を作る時は脳内に住まう南蛮の神様にお伺いを立てながら作ります
たまに信楽の神様が横から『オイ肩に檜垣文入れて信楽のツボみたいに
しようぜヒャッハー!』…などと口を出してくるのでちょっと困ったりもします

今回イソガイさんから斜幹の黒松を頂いたので、それに合うような鉢になれば…と。
(とは言えこういう方向性の鉢は作ってみてもまだどうもシックリ来ないというか、
修行が足りませんね)

私は木に合わせて鉢を作るという事が多いのですが、しかし黙々と鉢を作っている内に
実は木の方が私を使って鉢を作らせているのではないかという感覚に
陥る時があります。

鉢の中で木は育ちますが…逆に木の存在が新しい鉢を生んでいる、という発想です

そんな事を考えていると、だんだん自分という存在が無くなっていくような
不思議な心持ちになるのを感じます

要するに…うん、よく分かりません。
[PR]
by 1000ray | 2010-12-15 21:37 | 雑記


<< 嗚呼私よどこへ行く イソガイさんから松を頂く >>