「ほっ」と。キャンペーン

ポックリ

c0219927_0282678.jpg

↑昨日の展示から、盆栽鉢の飾り。私にはよく分かりませんが、時代が付いていて
凄そうな鉢ばかりでしたよ。一番上の赤絵なんて凄い細かい筆致でした

(…すみません、やっぱり私には鉢単体の鑑賞&感想報告なんて無理です…orz)

昨日九霞園さんのブログをコッソリと陰から拝読していたら、私のブログの事が
書かれてあったので本当にビックリしてしまいました。

ま、まさかこんな場所を覗いていらっしゃったとは…!

(世俗から離れた盆栽の姿は私の理想そのものです)

それは工業と工芸の関係に関するお話だったのですが…

さて、私の鉢作りは真面目の対極に位置しておりますので、大量生産品に
紛れてしまうという事はまず無いと思います
どんな形の鉢にしても七輪で焼けば多少は歪む事でしょうし、また私が七輪焼成を
止めてしまうという事もあり得ませんし


駄菓子菓子。
果たして自分の鉢が使いやすい良い鉢かと訊かれると…う~ん…?(え!?)

いや、勿論自分の中では『アリ』と思う物を作ってはいるんですが…

しかし、仮にですよ。私のような作風の鉢が盆栽展にズラッと並んでいたら…
明らかにオカシイでしょう。そんな展示会怖いよ!

伝統の鉢使いに対し、『たまにはこういう鉢もどうでしょ?』…と変わった物を
提案してみる…これが私の鉢作りのスタンスです。

間違ってもスタンダードになっちゃイカンぜ!(※それはあり得ませんから)


そう、私の鉢は飽くまでも一つの提案なんです(別に伝統の破壊や革新を企んでおる訳ではありません!)

それを皆さんから『無い』と言われてしまえばそれまで。
…泣きながら自分一人で使い続ける事でしょう
[PR]
by 1000ray | 2011-01-30 00:28 | 雑記


<< 相変わらず雪降り 杜松ビフォーアフター >>