真柏を切り込み

c0219927_15342767.jpg

前記事の真柏を整姿してみました。

ボサボサだった枝葉をバッサリと散髪し、樹冠部をだいたいで針金かけ。

左手で押さえてある根元に近い方の枝はちょっと使えそうもないので、
とりあえず今は立ち上がりを太らせる為の犠牲枝として残しておきましょう

(結局いずれジンになる運命かも…)


う~ん、それにしても真柏の針金かけなんてほとんどやった事がないので
イマイチ感覚が掴めません
葉が独特だからなぁ…

今回上の層の枝葉はかなり透かしましたが、下げた方の枝は弱りやすいので
基本的に葉はそのままにしてあります

懸崖なんかでもそうですが、枝葉の数は下枝優勢にしないと力が偏ってしまいますね
春以降は上の枝を重点的に芽摘みしていく予定です
[PR]
by 1000ray | 2011-02-03 16:10 | 盆栽


<< 石付き黒松の芯を立て替え 真柏か… >>