ボンサイスト待望の春

前回に続き我が棚場から春の訪れをご紹介。
c0219927_16422290.jpg


盆栽展で入手した長寿梅が咲きました。小さな花はいつ見ても上品ですね

長寿梅には赤花種と白花種がありますが、残念ながらうちにはまだ赤花種しかありません

白花種はちょっと枝が粗くなるそうですが、白い花も中々風情があり魅力的です。
赤花の陰に追いやられているのはちょっと気の毒…

さて、赤花の長寿梅は実生から育てると必ず二号性と呼ばれる性質(太りやすいが
枝が粗くなり幹肌が白っぽく滑らか)になってしまう為
大抵の場合は挿し木で作られるんですが…

それでもやはりちょっとずつ変異が起こっておるようで、同じ一号性のものでも
花が全く咲かないヤツとか(オイ)幹太りは早いけどすぐ枝先までソーセージみたいに
なるヤツとか色々あるみたいです

しかし長寿梅の場合…あまり太らない方がかえって『らしい』と感じてしまうのは
私だけではないハズ。…多分

戦艦の砲台みたいな姿の木は今一つピンと来ません


P.S.株分けした日本桜草も絶賛満開中です
c0219927_16422229.jpg

[PR]
by 1000ray | 2011-04-04 16:42 | 盆栽


<< 赤松もイモムシ化 気温が安定してきました >>