カテゴリ:雑記( 94 )

東北地方を中心に大地震

大変な事になってしまいました…

マグニチュード8.8というのは観測史上国内最大とのこと。
近い将来に起こるとされる東海大地震と同等、或いはそれ以上の規模の
地震が今回起こってしまったようです

幸い広島は何も有りませんでしたが…今はただ被災地の皆さんの
ご無事をお祈りするほかありません
[PR]
by 1000ray | 2011-03-11 18:18 | 雑記

盆栽と盆栽鉢に感じる違和感(暴言注意)

風邪街道驀進中の千令です

…死ぬ。

しかしそろそろ寝るのも飽きてきたので、私がちょっと日ごろから盆栽という趣味に関して
感じていることなぞを病のダークエネルギーと共に書いてみようと思います
頭がモウロウとしておりますので、今まで書いてきたことの繰り返しになるかも
知れませんが、あしからず


さてそれはズバリ、盆栽と盆栽鉢の値付けバランスについてです

以前にも言いましたが…正直な所、私は盆栽鉢という物がそんなに凄いものだとは
思っておりません(こんな事を書くとまた怒られてしまいますね)

それは何故かというと、単純に木と比べて鉢は圧倒的に作るまでに
費やされる時間が少ないからです

明治大正の頃の鉢となると話は別ですが…

盆栽は育成シミュレーションゲームとは違い、世話に費やす時間が
長ければ長いほど早く大きく育つという事はありません
10年、20年、あるいは50年…立派な木にするのはそれだけの時間が必要です

長い年月が必要だからこそ、盆栽というものは尊いと思うんです


ですから私の考えでは、木と鉢が同じ次元に並ぶという事は絶対に有り得ません
木は鉢よりもはるかに高位の存在ですし、またそうであるべきです

今は便利な時代で、樹齢15年程度の素材ならば数千円で簡単に見つかります

一方小さなアマ作家の鉢が簡単に8千円、一万円…
(生活かかってないのにボッタクリ過ぎだろ)


売値だけが物の価値ではないというのは重々承知していますが、
それでもやっぱり今のこの状況はちょっと異常だと感じてしまいます

仮に鉢の値段が正当なものであるならば、木の値段はもっと
高くあるべきなんじゃないでしょうか
15年って凄く長い年月ですよ…加速する現代社会では特に…


アマチュアの有名鉢作家に町直という方がいらっしゃいます
町直鉢は今でもとても人気があるんですが…相当な数の鉢を作られたらしく、
人気ほど売値が上がらないので業者さんの間ではあまり評判がよくないようです

なんですが、用の美という考え方からすると沢山数を作って廉価で
多くの人に使ってもらう
というのはある意味工芸の正道なんじゃないかと思うんです

ガラスケースに入れられた鉢に一体何の価値があるでしょう


「大量生産の安物鉢でも使いやすければ一向に構わん」…という私の
アバウトな姿勢は、多分こういう考えが下地にあるからなんでしょうね

作ってる人間としては満を持して失格です
[PR]
by 1000ray | 2011-02-28 17:47 | 雑記

日本桜草

皆様お元気ですか?
私は昨日から腹痛で絶賛衰弱中です。所謂ノロウイルスというヤツでしょうか

そういえば私、ノロと聞くとどうしても

『チェ…キン肉マンのうすのろめ
 どうせ死ぬんなら黄金のマスクを取り返してから死にゃあよかったんだ!』

という某正義超人の暴言を思い出してしまいます
(※どうでも良いです)

さて植物園の盆栽展で入手した日本桜草をちょっと前に鬼面鉢Aに植替えました
c0219927_17291152.jpg


品種なんて分かりませんが、とりあえず茎がちょっとだけ赤いので何となく
赤系の花が咲くような気がしますね。(テキトーです)

あ、桜草って増土が要るのか…もっと深植えにすれば良かった


盆栽の育て方はだいぶ慣れてきましたが、山野草の方は相変わらず全く勝手が分かりません

要勉強です
[PR]
by 1000ray | 2011-02-25 17:29 | 雑記

白土で鉢作り

c0219927_2247466.jpg

ってまた五角豆鉢かよッ!

…いや、やっぱり浅いバージョンも作っておこうと思いまして…。
(一応ミニ盆栽用の小判鉢も作ったりしてますが)

あ、勿論釉薬を掛けますよ。あまつさえ灰釉をね!(ギラッ)


しかし今回の鉢も結構小さいんですが、こういう豆鉢をプロの方があまり
作らないというのも何だか分かるような気がします

豆鉢って、内側とか削るの結構大変なんですよ
かと言って削らないというのも…やっぱ薄く作らないとサイズがサイズだけに
土が入りませんし

私なんかが作るといよいよ要領が悪いので、数時間くらい簡単にかかってしまいます

…それは掛かり過ぎだろっ!

…すみません。

でも小さい鉢は歪みが出にくいので、いつもとはちょっと違う練習が出来て楽しいです
[PR]
by 1000ray | 2011-02-16 22:47 | 雑記

世の中は思い通りにならない事ばかり

c0219927_22261451.jpg

(※画像は本文とは関係ありませんが、この間の展示会より、荒皮いぼた)


昨今モンスターペアレンツという言葉をよく聞きます。

学校に対する異常な要求、給食費を払わず携帯ゲームに大金をつぎ込む、
アニメキャラのような珍妙な名付け、学級費が払えないと長期滞納しつつ
担任宛の年賀状には写真館で撮ったような着飾った家族写真を送る…

教師である姉からそんな実際にあった話を聞くと、

『今の若い輩は本当にどうしようも無ェな…』

と同じく若い輩であるハズの私がゼツボーしてしまうレベルです

何というか…ガッカリだ。


いや、病院等でも一部の患者が恐ろしい要求をしてきたりするらしいので、
こういう恥知らずな傾向は若い年代に限らないのかも知れません


始末が悪いのは、そういう自由と平等を履き違えた一部のカンチガイ人間の方が
大多数の常識的な方々よりも声が大きく目立ってしまうという事。

目立つ分『日本終わったな』と落胆する事も多くなってしまいます

世の中って、自分の思い通りにならない事で満たされてるんですよ

仕事もそう、人間関係もそう、子育てだってそうでしょう

そんな当たり前の事が何故分からん。


盆栽にしたって陶芸にしたって、そういう思い通りにならない所が面白いのに…


情けないです、ホント。
[PR]
by 1000ray | 2011-02-15 22:26 | 雑記

広島はまたも雪デス

…仕方ないので、盆栽鉢の事でも書く事にいたします。はぁ…


さて。
盆栽鉢の釉薬には多彩なバリエーションがありますが、その中で私が一番好きな釉薬は

c0219927_1658180.jpg



実は青磁釉です。
淡い色合いはどんな木にも合うような気がするので…
(画像は一蒼さんの小判鉢。木を選ばず使えそうな姿が、いわゆる最高です)


私は貧民で、なおかつ使いやすいと思う鉢なら大量生産品でも一向に構わんという
とても割り切った考えの持ち主なんですが…。
(入手時使いやすい鉢に植わっている盆栽なら、わざわざ自分の鉢に
植替える必要も無いかなぁとも感じます。ちょっとコダワリ無さすぎかも知れません)


青磁釉の鉢は使いやすくて好きなので、鉢作家さんの物もちょっとだけ持ってます


気をつけないとその内青磁鉢だらけになってしまうかも…
[PR]
by 1000ray | 2011-02-12 16:58 | 雑記

盆栽は…

c0219927_0594189.jpg

(↑載せる画像が無ければ犬を載せ。相変わらず巨大です)

ちょっと前に、NHKのBSハイビジョンで『世界の庭園』に関する映像番組をやっていました
(※多分それ自体再放送です)

日本の庭から始まり、イタリアやフランスの庭園、そしてイングリッシュガーデン…
文字通り世界中の庭をハイビジョンで鑑賞できる、とても素晴らしい番組でした

それを見ていて気付いたんですが…やっぱり日本庭園とヨーロッパの庭園って
全然性質が違うんですね

欧米の庭園は自然の支配だ…とかそういうお話ではなく、まずその前に庭の
向いている方向が違うんです。

日本庭園は、基本的には所有者が主体的に楽しむ為の空間です
たまに例外もありますが…

自分がそこで四季の移ろいを感じ、安らいだり歌を詠んだりするために庭を作らせる。


ところがヨーロッパの庭園というのは、その多くが自らの権力や国の繁栄を
他の者に見せつける為に作られています

自分が楽しむ空間というより、他者に誇示する為の空間なんですね


物質的に豪華なのは無論のこと欧米の庭園ですが…精神的な意味でゼータクなのは
むしろ日本庭園の方なんじゃないかと、私は感じました。


さてさて。ちょっと庭とは違うんですが、元来盆栽もそういう楽しみ方を
するモノなんじゃないかと、私なぞは思うのです。

まあその、色々な意味で…。


オレはこんな木(や鉢)持ってんだぞスゲーだろ!…って言うのは…

……。
[PR]
by 1000ray | 2011-02-09 00:59 | 雑記

久しぶりに粘土いじり

何故かあまりやる気が出ずしばらく粘土を触っていなかったんですが…
久しぶりに鉢作りを再開しました

c0219927_23334493.jpg


小さい南蛮皿作りに相変わらず夢中です。ほとんどこれは恋と言っても良いでしょう
私の前世はミニ南蛮皿作り職人だったのかも知れませんね…(何じゃそら)

ずっと衝動に任せて厚く重たい鉢ばかり作っていたので、その反動か今回は
ちょっぴり薄めに作ってございます。
…ある程度土は入らんとイカンじゃろ、過去の自分。

c0219927_23334436.jpg


↑の杜松のように実際に木を植えてみますと、掌サイズの南蛮皿にはこう…
何と言いますか、独特の味わいがあるように感じるんです。
粋と言うか、親しみが湧くというか…

やっぱこれは恋だナ、うん。


恋と言えば…私はもう一年くらい竜神づたに恋焦がれているような気がします
欲しくて欲しくてたまりません…でも手に入らない。


キャントストップマイハート。
[PR]
by 1000ray | 2011-02-07 23:33 | 雑記

相変わらず雪降り

c0219927_13371243.jpg

凄く…寒いです…。


広島の平野部で昼から雪が降って積るという事はあまり無いんですが…

実は昨日バラ科の盆栽だけ二回目の硫黄合剤消毒を行ったんですが(筆で塗布)、
残った薬剤を面倒だからとベランダに置いておいたら見事にシャーベットに
なってしまいました。

かき氷のレモンみたいで美味しそうですね(イヤイヤ)

今年度の気象は色々と異常!


しかし…また焼けないのか…

はぁ……。
[PR]
by 1000ray | 2011-01-30 13:37 | 雑記

ポックリ

c0219927_0282678.jpg

↑昨日の展示から、盆栽鉢の飾り。私にはよく分かりませんが、時代が付いていて
凄そうな鉢ばかりでしたよ。一番上の赤絵なんて凄い細かい筆致でした

(…すみません、やっぱり私には鉢単体の鑑賞&感想報告なんて無理です…orz)

昨日九霞園さんのブログをコッソリと陰から拝読していたら、私のブログの事が
書かれてあったので本当にビックリしてしまいました。

ま、まさかこんな場所を覗いていらっしゃったとは…!

(世俗から離れた盆栽の姿は私の理想そのものです)

それは工業と工芸の関係に関するお話だったのですが…

さて、私の鉢作りは真面目の対極に位置しておりますので、大量生産品に
紛れてしまうという事はまず無いと思います
どんな形の鉢にしても七輪で焼けば多少は歪む事でしょうし、また私が七輪焼成を
止めてしまうという事もあり得ませんし


駄菓子菓子。
果たして自分の鉢が使いやすい良い鉢かと訊かれると…う~ん…?(え!?)

いや、勿論自分の中では『アリ』と思う物を作ってはいるんですが…

しかし、仮にですよ。私のような作風の鉢が盆栽展にズラッと並んでいたら…
明らかにオカシイでしょう。そんな展示会怖いよ!

伝統の鉢使いに対し、『たまにはこういう鉢もどうでしょ?』…と変わった物を
提案してみる…これが私の鉢作りのスタンスです。

間違ってもスタンダードになっちゃイカンぜ!(※それはあり得ませんから)


そう、私の鉢は飽くまでも一つの提案なんです(別に伝統の破壊や革新を企んでおる訳ではありません!)

それを皆さんから『無い』と言われてしまえばそれまで。
…泣きながら自分一人で使い続ける事でしょう
[PR]
by 1000ray | 2011-01-30 00:28 | 雑記