「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

31回目の七輪陶芸

では続いて今日のレポをします
これが今年最後の七輪陶芸になる…かな?

c0219927_144442100.jpg今日焼いたのは下方鉢一つと浅い丸鉢一つ。下方鉢の方の土はちょっと変わっていて、園芸用土の赤玉土、これの微塵を水で練ったものを使っています。本当はこれだけで作ってみたかったんですがあまりにも粘りがないので(一週間寝かせてみたけど変化なし)やむなく赤土を同量程度混ぜて成型しました。盆栽を植える用土で鉢を作る…何か面白そうじゃないですか?


c0219927_14502629.jpg実は今回、使う炭がちょっとオカシイです。今現在オガ備長炭の消し炭が大量に余っていまして…ならば使ってしまえと今回は下の七輪に入れる白炭全てをこの消し炭で代用してしまいました。(ムチャクチャ過ぎる…)いや消し炭なんだけど案外中身が詰ったままなもんで使えるんじゃないかと考えたんですが…ダメでしょうか?そのせいか今回は排気口から炎が吹き出るのが異常に遅く、ドライヤー強5センチというところまで送風を強めてようやく炎が出るようになりました。排気口半分赤から20分送風を維持したのはいつもと変わらずですが果てさて…?


では焼き上がりです。
c0219927_1457317.jpg
c0219927_14575610.jpg

c0219927_15174435.jpg

赤土で作った浅丸鉢ですが、何故か白っぽくなりました
昔火力を上げすぎたせいか赤土を真っ白に焼いてしまった事があるんですが
(割ってみたら断面まで真っ白でした)今回ももしかしたら火力が強すぎたのかも


c0219927_14582538.jpg

c0219927_14584012.jpg
c0219927_1459174.jpg
c0219927_14594176.jpg

赤玉土の方は面白い色に。こちらもちょっと火力が強かったか
全体的に気泡が発生。底面は自然釉が厚くかかりました
この赤玉土、練った時も色が濃くていかにも鉄分が多そうって
印象を持ったんですが…やはり実際の所鉄分を多く含んでいたようです
弁柄を土に加えたときと同じような気泡の出方なので…
色は案外鮮やかな赤色が出ました。意外と酸化がかかったのかも知れません

やっぱり背が高い鉢は変化が出て面白いですね。下方鉢バンザイ。

あと、白炭の消し炭は意外と使いまわし可能なようです。
ワオ!こりゃ経済的だねキャサリン!!

…終わります。
[PR]
by 1000ray | 2009-12-29 15:14 | 七輪陶芸

30回目の七輪陶芸

実は29回目と同じ日に続けて30回目の陶芸もしたんですが、
ブログ書くのを忘れてました。 …すいません

c0219927_14171388.jpg今回焼くのは中深の正方鉢と、楕円浅鉢。正方鉢はいつもと同じ赤土ですが、楕円鉢の方は前回と同様泉陶料さんで新しく買った5割赤荒土を使用。赤土よりもやや鉄分が多いそうなので焼き色が楽しみ。


c0219927_14234418.jpg今回の焼成時間は特に何も変えてません。排気口の半分が赤くなってから20分ドライヤー送風を継続


c0219927_14253846.jpgやっぱり置き方が悪かったみたいで楕円鉢の方は焼きが足りませんでした。なので直火でしばし焼きなおし。(冷まして色見てまた火の中投入とか無茶するなぁ)そしていい感じに焼き直せたと火バサミで色を見ていた時に事故が…


c0219927_1428118.jpg落として割っちゃいました。 …何か笑えました


さて、気を取り直して焼き上がり
c0219927_14312258.jpg

c0219927_14321343.jpg

c0219927_14325453.jpg


大きい割には歪むこともなくちゃんと焼けた正方(仮)鉢。色も渋い焦げ茶で
いかにも赤土って感じがします
実は前からちょっと思っていたのですが、下から炎が強く当たる七輪陶芸では
広く浅いものより縦に長いものの方が表面の変化がよく表れて
見た目が面白く仕上がるような気がします。
今度コップでも作ってみようかな

c0219927_14383340.jpg

おまけ。割れたのは残念ですが(っていうかお前が割ったんじゃ!)
中々いい色が出てます。砂等他に混ぜ物はしなかったんですが
ヒビ一つ入らずよく焼けました(小さかったからというのもあるかも)
5割赤荒土、これは次回以降も期待が持てそうです
[PR]
by 1000ray | 2009-12-29 14:42 | 七輪陶芸

29回目の七輪陶芸

そういえば知らないうちに過ぎてましたわ、クリスマス
…まあどうでもいいんですけどね、フフフ…。

c0219927_13321325.jpg今回焼くのは我が陶芸歴初!…の抹茶茶碗。土は泉陶料さんで買った炎色荒土です。(ちなみに今まで使ってきた赤土もここの物。とても使いやすいですよ)実はこの土、このお店で赤土を買った頃からもうずっと気になっておりまして…いつか試してみたいと思っていたのです。薪窯で焼くとその名の通り良く火色が出るという事なので、ならば炭火でも出てくれるんじゃないかと思った次第。「荒土」の方は大物作陶にも向くとあるので七輪陶芸にも向いてそう(あくまでも推定)手に取った感じは結構ざっくり感あり(成型はラクでした)


c0219927_13442313.jpg炎が横から出てももう気にしませんよええ。これが慣れってヤツですね。今回の土は結構耐火度が高いので(焼成参考温度は1230度以上で限界は1320度までとか)焼成時間を少し延ばし、排気口半分赤熱から25分ドライヤーで送風しました


では焼き上がり。
c0219927_13531793.jpg
c0219927_13533828.jpg
c0219927_13535782.jpg
c0219927_1354225.jpg


火色は出ませんでした…orz何が悪かったんだろう。温度が足りなかったか、それとも全体に
自然釉がかかりすぎて火色が出る幕が無かったのか…
実際外側はほとんどが灰でツルツルになってましたので
密閉型の七輪陶芸だから還元がかからなかったって事は無いと思うんですが…

ただこのサイズで割れ、変形が無かったのは私的には快挙と言っても良いと思います
今回は砂も混ぜず粘土単体で勝負したんですが、それで割れ無しはスバラシイ!
色も火色が出なかったのは残念ですが、淡い赤色が縞模様になって出ており
まぁこれはこれで何とか見れるのではないかと(※自画自賛)
見込みは真っ黒になっちゃったけど…

次は何とか火色が出るように工夫を加えたいと思います!
そもそも火色が出るメカニズムがよく分かってないので、そこの勉強もしないと

灰よけと温度の両立は果たして可能なのやら
[PR]
by 1000ray | 2009-12-25 14:11 | 七輪陶芸

ニレケヤキの剪定

せっかくの休日も雨。
仕方ないので剪定でもやります…

c0219927_1317308.jpgこれは今年ホムセンで買ったニレケヤキ(アキニレ)、600円(安)。樹形は…一応箒作り?でも箒作りって呼び名、本家ケヤキとあと銀杏くらいにしか使わないような気もするけどまあいいか。あと植わってる鉢が明らかにデカい。まぁでもホームセンターだし…

c0219927_13304090.jpg上から見ると徒長枝がわんさかあるのが分かります。太く強い枝は立替えられるものは立替え、根元にいい枝がないものは短めに切り詰めて来年まで持ち越し。ニレケヤキは胴吹き芽が多いので強い剪定も大丈夫です

c0219927_13353513.jpgこれが剪定後の姿、かなりさっぱりしました。これだけ強く切り詰めれば来春は相当胴吹き芽が出てくるハズ。


c0219927_13425080.jpgしかしちょっと気になるのは両サイドにあるこの深い切れ込み。何だろコレ…?樹皮の荒れかとも思ったんですが、何か深さが木質部にまで達してるような…一応石灰硫黄合剤で保護しておきましたが大丈夫だろうか


c0219927_13543478.jpg植替え候補の鉢はこちら。うーん、ちょっと微妙かな…分かりません。


c0219927_1357937.jpgついでに香丁木の豆盆栽(一応三幹)にも針金かけ…ちょっと窮屈だろうがしばらく堪えてくれ。この樹は挿し木2年生ですが、でも小さいなら小さいなりに豆盆栽として楽しめるのが盆栽の良いところだと思います



ああ早く焼きたいなぁ…
[PR]
by 1000ray | 2009-12-23 14:04 | 盆栽

28回目の七輪陶芸

近頃めっきり寒くなりましたね…
雪は降るわ粘土は乾かないわ盆栽はやる事無いわで大変です(仮)

c0219927_1514794.jpgさてさて、今回焼くのは楕円浅鉢のちいさいのと、やや大振りで深さのある長方鉢。うちにある樹は実生3年とか挿し木2年とかそういう素材段階のものがほとんどなので、どうしても小さく浅い鉢を焼く事が多くなるのですが(盆栽用語で鉢と樹のつりあいの事を鉢映りと言いますが、おおざっぱに言って樹高の割に幹が細い樹には浅い鉢が、逆に背の割に幹が太いものにはやや深めの鉢が『鉢映りがよい』とされています)、たまにはこういうのも良いかと思いまして


c0219927_15252939.jpg焼成時間はいつもと変わりません。七輪を被せてから下の吸気口チョイ開き1時間→半分開き10分→全開20分。その後はドライヤー微風50センチ~吸気口密着まで20分、ドライヤー強50センチ~5センチまでを15分。排気口の厚み半分まで赤くなったら20分送風を維持(最終的には排気口ほぼ全部が赤熱化します)途中雪がチラついて超寒かったです…。


では焼き上がり。まずは長方鉢から
c0219927_15315076.jpg
c0219927_15322157.jpg
c0219927_15325650.jpg
c0219927_15333493.jpg
c0219927_15335973.jpg

土は赤土に庭の砂を少々混ぜた(だけ)。焼き色はいかにも赤土って感じで
いい感じなんですが、いささか歪みすぎました。
これはちょっと鉢としては使えそうもありません…残念無念。

では次に楕円豆鉢
c0219927_15381986.jpg
c0219927_153986.jpg
c0219927_15393752.jpg

うん、こちらは歪まずどうにか上手く焼きあがり。

変形はありましたがやっぱ赤土って良いですね。いい色が出ます

…でも実は新しい土買っちゃったんですけどね…成型はしたものの
気温が低いせいか全然乾燥しないのがもどかしい…
[PR]
by 1000ray | 2009-12-22 15:51 | 七輪陶芸

ある意味原点となった失敗鉢

今日は全盆栽の消毒を実施しました。冬の休眠期に石灰硫黄合剤を塗っておくと
春先の病害虫発生予防になるので、これは盆栽の冬に行う作業としては
欠かせないものになっています
ちなみにコイツ、化学的に消毒するというよりは強アルカリによる殺菌殺卵作用なので
(半物理的?)農薬としては比較的安心して使える類のものです
…でも金属にかかると錆びちゃうから注意。
特に今年は母が買ってきた鉢植えの桜から発生したハダニが大増殖、我が盆栽にも多大なる被害が及んだので念入りに刷毛で塗りました。

ハダニの繁殖力と生命力は恐ろしい…!(一度発生してしまったら
 もう葉水や薬なんて気休めにしかなりません…)

さてさて…実は近頃どうも天気が悪く陶芸ができておりません。
なので今回は、ちょっと趣向を変えて結構前に焼いた失敗鉢について
そぞろに書き連ねてみたく存じます…。

c0219927_16522992.jpg

それがこちら。そうです、このブログの右上の方にも画像があるアレです。
この鉢はまだ前の七輪で焼いていた頃にできた失敗作なんですが…

c0219927_16372626.jpg

そうなのです、灰よけのつもりで下に置いておいた七輪の火受けが
完全にくっついてしまったのです。画像中黒く見えるのは全て
金網が溶けて固まったもの。陶器の溶接工場やぁ~!
c0219927_16463024.jpg

七輪の壁に刺さった裏側はこんな感じに…磯の岩肌みたい。

当然こんな物は盆栽鉢としては一銭の価値もない訳ですが、
しかし何故か捨てるに捨てられない存在なのです
何というか、色とか形が丁度いい感じなんですよねぇ…上手く言えないけど
持つと気持ちいいんです。(知るか)
最初はミニルーターで切り離そうともしていたけれどやっぱ無理でした。(鉄だし)

c0219927_16582328.jpg

あ、こんな形でも一応ちゃんと自立はするんですよ!

確かにコイツ、変態鉢ではあるけれども…案外左方向にひょろひょろっと伸びる
泳ぎだし風の樹を植えれば見れるようになるんじゃないかと
勝手に思ってるんですが…ダメ…?(※ダメに決まってます)

うーん、まぁ展示会に出すわけじゃないし…(それを言ったらオシマイだっ)


何にせよ炎の神様恐るべし、です
[PR]
by 1000ray | 2009-12-17 17:16 | 七輪陶芸

26回目の七輪陶芸その2&27回目の七輪陶芸

忙しくてブログ更新を怠けておりました、すみません
ではさっそく溜まっている七輪陶芸のレポをば。

c0219927_1640872.jpgまずは26回目の七輪陶芸後半戦、青緑流紋釉をかけた茶碗の焼成から。前回は釉薬を厚めにかけたので、今回は超薄くかけてみました。ひっつくといけないので焼いたのは一個だけ。あ、下に置いてあるステンレス製の火受け皿は灰よけ目的です


c0219927_16472464.jpg今回はどうやら火の熾し方が上手くいったらしく、焼成初期から万遍なく熱を回せました(クソ、これが大物焼成の時に出来ればなぁ…どうやら火種を極力小さくするのがコツみたいです。しかし小さくし過ぎるとこの七輪の場合立ち消えを起こす事があるので中々難しい…)排気口が半分まで赤くなってからドライヤー送風を20分維持


c0219927_16542384.jpg取り出し。予想通りやっぱり赤い。


出来上がり。
c0219927_1701575.jpg
c0219927_170344.jpg

やっぱりいくらなんでも薄すぎです。釉掛けが。
前回はところどころ緑に発色している部分があったけど、今回は容赦なく赤い!赤いぞ!!

すいません、もう一つの方の茶碗はぽってりと掛けて焼くことにしました、はい…。

c0219927_1742513.jpg続きまして27回目の七輪陶芸。そうです、また大きい鉢を焼きます…私はめげません。土は赤土9割道具土1割、弁柄は加えず


c0219927_1784456.jpgこの画像ではちょっと分かりにくいですが…焼成中期、既に排気口からはハッキリとヒビ割れが確認でき…モチベーションはアナゴ下がりです。このサイズは鬼門なのか…


c0219927_1711439.jpg割れているなら何やってもいいかと『引き出し炭化』を試してみる。窯から取り出し真っ赤になっている焼き物を可燃物(籾殻とか)と一緒にすばやく密閉すると、余熱で銀色に輝く炭化焼成ができる…らしい…。


では焼き上がり。
c0219927_17187100.jpg

c0219927_17184993.jpg

c0219927_17191934.jpg

画像から銀色がお伝えできないのが残念です。
底面の写真が一番分かりやすいかな?確かに全面銀色になりました。
引き出し炭化恐るべし。籾殻が無いからビワの葉とか木切れとか使ったけど
どうにかなったようです
でもやっぱりヒビは多数ありました(一応使用には堪えるレベルだけど)。ゆがみも少々
今回は火の回りに偏りができてしまったからなぁ…大きい物はやはり難しい…
豆鉢なら気軽に焼けるんですが

でもまあ割れはしなかったから良しとする事にします。今まででは一番大きな鉢な訳だし…
あとついでに引き出し炭化の面白さも発見できました
表面がちょっと面白い感じになるので、一風変わった窯変を楽しみたいという方は
是非一度お試しを!

ではでは
[PR]
by 1000ray | 2009-12-15 17:33 | 七輪陶芸

26回目の七輪陶芸その1・素焼き編

今日は私の七輪陶芸歴始まって以来初!…の素焼きにトライしてみる。
今までも温度が上がり切らず素焼きで終わってしまったという事は
何度もありましたが、真面目に素焼きをするのはこれが初めてなので
果たして上手くいくのかどうか…

c0219927_19204876.jpgまず用意したのはこちら、5号の植木鉢(駄温浅鉢)。底の穴は道具土で塞いでます


c0219927_19263169.jpgこれに灰を詰め、その中に焼きたいもの二つを埋め込みます(一つ露骨にハミ出てるけど)。こうすると灰が熱をじんわりと吸収してくれるので割れにくくなるとのこと。この灰で覆う方法は現在の七輪陶芸の第一人者、しんちゃんさんのホームページから学ばせて頂きました。


c0219927_1937424.jpg火を熾して駄温鉢を炭の上にセット。素焼きの場合そこまで温度は必要ないだろう…という事で、今回使う炭はほぼ白炭だけ…甘いかな?…正直言うとこの頃ちょっと余り気味なんです、オガ備長。排気口からの炭の追加もなし


c0219927_19475494.jpg焼成時間のメモ。蓋をしてから吸気口をチョイ開きにして1時間→半分開いて20分→3/4開いて20分→全開で一時間。ドライヤーによる送風はなし。画像は全開の時のもの。最後まで炎は出ませんでしたが、排気口に枯葉をかざすと焦げて煙が出るくらいの温度にはなってました


c0219927_19523765.jpg吸気口を全部閉めてしまって10分待ってからいざオープン。おおお、夕闇に炭の光が美しいのう…駄温鉢は赤熱化しちゃってました。


c0219927_1956227.jpgどうやら二つとも無事に焼けたようで一安心(でも水で洗う時は溶けやしまいかとちょっと緊張)。今回作ったのは珍しく湯呑み茶碗でして、上手く焼けたならば二人の祖母に献上したいと思っているもの。自分で使う盆栽鉢なら少々水漏れやひび割れがあっても平気ですが、食器、ましてや人様に贈呈するものとなるとそうはいきません。成型の時も思ったけど、普段の自分は随分とハードルの低いところで陶芸をやってたんだなぁと痛感しました。

さて、次は本焼きですよ。釉掛けはさっき済ませたので後は焼くのみです(多分一個ずつ焼くことになると思いますが)。前回は赤色に発色した青緑流紋釉ですが、今回は…多分また赤くなることでしょう。でも今回使った粘土は赤土ではなく(母が東急ハンズで買ってきた)織部土とかいうのなので、ちょっとまた趣も異なるものになってくれるかも…?


まあでもそんなことよりも…どうか割れませんように!

次回本焼き編に続く…(予定)
[PR]
by 1000ray | 2009-12-06 20:19 | 七輪陶芸

24回目&25回目の七輪陶芸

今日はまとめて2回分をレポします!失敗すると筆も進みません

c0219927_17332699.jpgまず24回目から。はい、例の大物製作のリベンジです(直径約15センチ)。土のレシピは耐熱赤8割道具土2割+弁柄たくさん。弁柄を使うと耐火度がぐんと下がるので、本当はL型支柱を使って焼きたかったんですが…『L型支柱+圧力分散用の道具土プレート』これの上にこの鉢を置くと蓋の七輪が干渉して閉まらない…という事で、やむなく炭の上ダイレクト方式に変更して焼きました


さて焼き上がり。失敗の時はブログの展開も速い。
c0219927_17414181.jpg
c0219927_17415528.jpg


ご覧の通りグニャグニャ。やはり耐熱赤とはいえ弁柄が入るとダメでした
火力ピークから25分という焼成時間もちょっと長すぎたかなぁ…反省
結論としては、やはり弁柄を土に混ぜる時はL型支柱を使って
温度を低くしないとダメな模様です。
温度が高いとすぐ気泡が出来て溶岩みたいにグニャグニャになっちゃいます
こりゃ13.5センチより短い支柱を買う必要があるかな…

c0219927_1753923.jpgでは続きまして25回目の七輪陶芸のレポをば…今回は新しい粘土を使った鉢2つをいっぺんに炭上ダイレクト方式で焼いてしまいます。小さい鉢2つ程度なら一気に焼けてしまうのがこの2代目七輪のいい所。ちなみにその新しい粘土とは、母が東急ハンズで買ってきた『古信楽(細目)』とかいうのです。よく分からんので調べてみたんですが、なにやら白っぽい粘土で火色が出やすい性質があるとかどうとか…?今回はこれに3割くらい赤土を混ぜて、道具土と砂を割れ防止に適量混入してあります。あ、上下にあるのはいつもと同じくビワの枯れ葉&枯れ枝也


c0219927_17564660.jpgだがスタート早々いきなりハプニング。吸気口チョイ開きの一時間の間になぜか急激に温度が上がってしまったらしく、ボンッという音と共に長方鉢が割れてしまいました。(七輪を開けてみると手前側だけ異様に炭の燃焼が進んでいた)理由が分からない失敗というのは結構精神的ダメージが大きいです。炭の熾し方に問題があったんでしょうか…分かりません


では焼きあがり。
c0219927_1823217.jpg
c0219927_1832029.jpg
c0219927_1835090.jpg
c0219927_1841041.jpg


火色は出なかったけど端正なクリーム色の焼き上がり


c0219927_18121350.jpg右側面は混ぜた赤土の感じがちょっと出てるかな?

ところどころにある濃緑の斑点はビワの灰が固まりになって溶けた部分。
焼成温度は丁度よかったようで、目立った火ぶくれも無く、かと言って
焼き締まってないわけでもなく(濡らしてみても水はほとんど吸わず)
温度ピークから20分という焼成時間は焼き締めにはちょうどいいようです
…土に弁柄を入れないなら

何か最近割れたり爆ぜたり変形したり、そういう大きな失敗が続いているので
ちょっと精神的にナーバスになってます…
時間があっても窯入れする気が起きなかったりとか(笑)
特に焼成初期の温度ムラ解消が悩みの種でして…炭というのは
全体に火が回るまでは結構簡単に温度を管理できるんですが、
一旦火が着いてしまうとその火力をこちら側でコントロールするのはとても難しい。
その点25回目で一個まともに焼けたのは精神的な救いになりました。

次はちょっと気分を換えて、また釉薬ものをやってみようと思ってます。
例の青緑流紋釉ね。
真面目に素焼きをするのはこれが初めてですが、はてさてうまくいくのやら…

もし割れたりしたらこのブログ更新も遅れると思います。
 ブログの更新タイミングで焼成の成否および私の精神状態を察してください。

その方向でよろしくお願いします。
[PR]
by 1000ray | 2009-12-04 18:35 | 七輪陶芸

23回目の七輪陶芸-釉薬は融けるのか

成型乾燥済みの鉢のストックが切れてしまったので、七輪陶芸のレポの方は
しばらくお休みするしか無いかなぁと思ってたんですが…

c0219927_15413146.jpgそういえば初めての七輪陶芸の時素焼き状態で終わっていた鉢がそのまま放置してあったんだった…って事で、今回はこの失敗素焼き鉢に釉薬をかけてみて焼いてみることにします。私ももう20回以上七輪で焼き物を焼いてきたわけですが、それでも正直なところきちんと1200度以上の高温が出せているのかどうかについては自信が持てない部分が…なので今回は、色物の(釉薬をかけた)鉢を作りたい…というよりは釉薬が溶けたかどうかで内部の温度を確認しておきたいという気持ちの方が強かったり…?


c0219927_15561462.jpg今回使った釉薬は陶芸ショップコムで買った『青緑流紋釉』、粉末のやつです。これなら酸化でも還元でも(色味こそ違うものの)青~緑色に発色してくれるようなので、そこら辺のコントロールが難しい七輪陶芸でも使いやすいのではないかと考えた次第。焼成温度は1200度~1250度。はてさて、我が2代目七輪はこの温度まで上げる事が出来るのかどうか…?


というかすみません、今回は実験のつもりだったので
焼成中の画像を撮っておりませんのです…いや本当にごめんなさい
焼き方は炭の上に直置き方式を採用(↑の画像では下に道具土の皿を敷いてますが、
この後とっぱらってます)
焼成時間はいつもとほとんど変わりません。火力がピークになってからは
25分程度ドライヤーの最大送風を維持しました。

ではいきなりですが、焼き上がりの画像をば…
c0219927_16141383.jpg

c0219927_16152258.jpg
c0219927_16153814.jpg
c0219927_1616267.jpg
c0219927_16165524.jpg

c0219927_16173780.jpg


やったー釉薬ちゃんと溶けたよ!…って赤っ!!
辰砂みたいな赤色になっちゃいました。…銅釉を還元焼成すると辰砂の赤が
出るみたいですが、これもその理屈でしょうか…?いやでもこの釉薬は還元焼成でも
緑色が出るはずなんですが…ってその理屈自体そもそもよく分からん…

原因を自分なりに考えてみますと…

・炭の灰がかかったので色が変化した
・素地が赤土だったので鉄分とかが反応して色が変化した
・温度が高すぎて(あるいは低すぎて)色が変化した
・急冷で色が変化した

…結局さっぱりわかりません。あの、釉薬に詳しい方、どなたかお教えください…

でもまあともかく、釉薬が溶けるには溶けてくれたので良かったです
[PR]
by 1000ray | 2009-12-01 16:29 | 七輪陶芸