<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

葉切りを控え…

c0219927_1643283.jpg

うちの錦松も入手から半年経ちましたが、葉もビンビンに伸びてどうやら好調のようです
もう少ししたら葉切りしましょうかね。来年は芽切りも出来るかも

実はこの樹、夏に何回か水切れをやらかしたと思った時があったんですが、
結局弱ったりはしなかったようです

錦松は黒松より弱いと聞いていたのでちょっと心配しておったのですが、
この品種は結構頑丈なのかも知れません
(状況証拠から品種は『富士』ではないかと思うのですが)

しかしこやつ…いつ見ても植わっている位置が気になって仕方がない!

春の植替えの時遠慮があって(まだ性質が分からなかったので…)根をあまり追い込まず
植えてしまったのが全ての原因です。

随分右寄りなんですよね…もっと左に植えられていれば見た目が落ち着くのに…

鉢自体は別にこの南蛮皿でも良いかと思えるんですが、しかしこの植え方は最悪です

来春にでも修正したい気分です
[PR]
by 1000ray | 2010-10-11 16:43 | 盆栽

チリメンカズラの紅葉

c0219927_1717335.jpg

c0219927_17173389.jpg

ご覧の通り特に何の見所もない(非道い!)うちのチリメンカズラですが、
それでも古い葉がチラホラと紅葉しはじめました。

ナルホド、噂には聞いてましたが確かに緑と赤のコントラストはキレイですね

そういえば…半落葉性で紅葉が楽しめる木って他にはあまりないような気がします
チリメンカズラは盆栽界では人気樹種の一つですが、それにも頷けるというもの。
(葉のツヤも多分好まれている理由かと思いますが)

が、残念ながら綺麗な紅葉は全ッ然!長持ちしません
葉が赤くなる時はもう落葉する時なんじゃないかコレ…

そういえばサルスベリも紅葉が美しいんですが、すぐに葉が落ちちゃうんですよね
う~ん、花の命は短い…(?)


このチリメンカズラはちょっと腰が高いので取り木で作り直した方が良いかも知れません
(数量廉価素材だから仕方がないけどちょっとクネりすぎな感じもするし)

しょっちゅうツルを伸ばすのはアレですが、とりあえず頑丈で心配が少ないというのは
間違いないと思われます
[PR]
by 1000ray | 2010-10-09 17:17 | 盆栽

気晴らしに盆栽のネタを

c0219927_22235032.jpg

これは去年の冬あたりにホームセンターで買ってきた椿の苗木です。
品種は胡蝶侘助だったような気がしますが、まだ花が咲いた事はないので
正直よく分からん。
(園芸商品の品種タグはアテにならんとです)

買った時に針金で一応の曲は付けてあるので、後は芯を立て替えたりしながらひたすら
5年10年と持ち込む事にしましょう

話は脱線しますが…盆栽用語の『持ち込む』とは長い年月を経過させて樹に古みを持たせるとか、
まあ大体そんな意味合いで使われる言葉です。
広島弁の『みやすい(=易しい、簡単だ)』と同じくらい紛らわしい単語ですね
ちょっと『どこに持っていく気だよヘイ!』って感じがします

他に紛らわしい盆栽用語としては『腰が低い木(=枝が低い所から出ている良い木)』
というのがありますか。
別にオジギソウの盆栽とかそういう意味じゃないんですよ。


さて話を戻しまして

椿を育てていて気付いたんですが、どうもこやつは浅い所に根を張る性質があるようで
普通に土の上に肥料を置くととても根が焼け易いです。
施肥は液肥中心にするとか、或いは置き肥がダイレクトに用土に触れないよう
ちょっと工夫した方が良いみたい。(肥料自体は好む模様)
それから若い枝の付け根は著しく脆いので、針金掛けは注意が必要です

私は…さっきそれを忘れていて大事な胴吹き芽をポロリと殺ってしまいました…

せめて皆さんだけは…お気をつけて…

ぐふっ
[PR]
by 1000ray | 2010-10-02 22:23 | 盆栽

70~71回目の七輪陶芸も無惨な結果に

c0219927_2114361.jpg

c0219927_21143648.jpg


これは70回目の方の鉢です……

ハハッ…

難しいなあ、焼き物って…はあ。
いや温度を十分に上げるべく70回目の焼成は普段より黒炭を多目にして焼いてみたんですが、
やはり焼成終盤に火力も息切れという感じで、取り出してみると釉薬が熔けかけで
終わってしまいました。

そして焼きなおして割ってしまうという流れは最早様式美ですね、ハハッ!

でもこの自家製灰釉、ちゃんと熔けると色合いは実に綺麗です。
細かい貫入(ヒビ)が入った澄んだ透明釉で、これで割れさえしなかったら
(あと七輪から剥がれた壁が付かなかったら)という出来栄え…残念無念。

71回目は逆に白炭を多目にして持久力勝負に出たんですが、こちらは温度不足で釉薬が
ほとんど熔けませんでした。考えてみれば燃料追加なしで七輪で伸ばせる焼成時間なんて
タカが知れてますから、やはりそれならば刹那的に高温にするやり方でやった方が
まだ良い結果になるようです
う~ん…燃料を追加できるシステムを考えるとか、何か根本的な所から変えないと
ダメなような気がしてきました
[PR]
by 1000ray | 2010-10-02 21:14 | 七輪陶芸