<   2011年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

盆栽と盆栽鉢に感じる違和感(暴言注意)

風邪街道驀進中の千令です

…死ぬ。

しかしそろそろ寝るのも飽きてきたので、私がちょっと日ごろから盆栽という趣味に関して
感じていることなぞを病のダークエネルギーと共に書いてみようと思います
頭がモウロウとしておりますので、今まで書いてきたことの繰り返しになるかも
知れませんが、あしからず


さてそれはズバリ、盆栽と盆栽鉢の値付けバランスについてです

以前にも言いましたが…正直な所、私は盆栽鉢という物がそんなに凄いものだとは
思っておりません(こんな事を書くとまた怒られてしまいますね)

それは何故かというと、単純に木と比べて鉢は圧倒的に作るまでに
費やされる時間が少ないからです

明治大正の頃の鉢となると話は別ですが…

盆栽は育成シミュレーションゲームとは違い、世話に費やす時間が
長ければ長いほど早く大きく育つという事はありません
10年、20年、あるいは50年…立派な木にするのはそれだけの時間が必要です

長い年月が必要だからこそ、盆栽というものは尊いと思うんです


ですから私の考えでは、木と鉢が同じ次元に並ぶという事は絶対に有り得ません
木は鉢よりもはるかに高位の存在ですし、またそうであるべきです

今は便利な時代で、樹齢15年程度の素材ならば数千円で簡単に見つかります

一方小さなアマ作家の鉢が簡単に8千円、一万円…
(生活かかってないのにボッタクリ過ぎだろ)


売値だけが物の価値ではないというのは重々承知していますが、
それでもやっぱり今のこの状況はちょっと異常だと感じてしまいます

仮に鉢の値段が正当なものであるならば、木の値段はもっと
高くあるべきなんじゃないでしょうか
15年って凄く長い年月ですよ…加速する現代社会では特に…


アマチュアの有名鉢作家に町直という方がいらっしゃいます
町直鉢は今でもとても人気があるんですが…相当な数の鉢を作られたらしく、
人気ほど売値が上がらないので業者さんの間ではあまり評判がよくないようです

なんですが、用の美という考え方からすると沢山数を作って廉価で
多くの人に使ってもらう
というのはある意味工芸の正道なんじゃないかと思うんです

ガラスケースに入れられた鉢に一体何の価値があるでしょう


「大量生産の安物鉢でも使いやすければ一向に構わん」…という私の
アバウトな姿勢は、多分こういう考えが下地にあるからなんでしょうね

作ってる人間としては満を持して失格です
[PR]
by 1000ray | 2011-02-28 17:47 | 雑記

枝垂れ梅が開花

c0219927_1552562.jpg

うちのウメも昨日開花しました

今冬はひたすらに寒かったので、こういう春の訪れが見られるとホッとしますね
(もう寒いのはどうでもよかです…)

この枝垂れ梅も老木になればそれなりに味わいが出てくるんじゃないかと思いますが、
まだまだ幹肌の古さが足りません


あとこの木、ちょっと花付きが良すぎるのが困りモノです。
毎年花芽付けすぎなんですよ…

木の負担になるので三分の一位に減らしたんですが、それでもこの多さ!

培養上もそうですが、鑑賞の上でも

『老木に数輪の花がちらほら咲いている様子に風情がある』

とされるのが盆栽(華道も)の考え方なので、そういう意味でも花の数は
ある程度減らしてやった方が良いようです


梅の場合、春~夏の間そこそこに肥料をやりかつ少なめの灌水で育ててやれば
花を咲かせる事自体は割と簡単だと思います

ただ花芽ばかり付くと葉芽が無くなってしまうので、むしろそちらの方を
重視してやった方が良いかも…
(6月くらいに枝元の葉を部分葉刈りしてやると、そこの節は葉芽にできますよ)
[PR]
by 1000ray | 2011-02-26 15:52 | 盆栽

日本桜草

皆様お元気ですか?
私は昨日から腹痛で絶賛衰弱中です。所謂ノロウイルスというヤツでしょうか

そういえば私、ノロと聞くとどうしても

『チェ…キン肉マンのうすのろめ
 どうせ死ぬんなら黄金のマスクを取り返してから死にゃあよかったんだ!』

という某正義超人の暴言を思い出してしまいます
(※どうでも良いです)

さて植物園の盆栽展で入手した日本桜草をちょっと前に鬼面鉢Aに植替えました
c0219927_17291152.jpg


品種なんて分かりませんが、とりあえず茎がちょっとだけ赤いので何となく
赤系の花が咲くような気がしますね。(テキトーです)

あ、桜草って増土が要るのか…もっと深植えにすれば良かった


盆栽の育て方はだいぶ慣れてきましたが、山野草の方は相変わらず全く勝手が分かりません

要勉強です
[PR]
by 1000ray | 2011-02-25 17:29 | 雑記

チマチマ植替え中

c0219927_21455172.jpg

↑美男かずらも植替えました(葉刈りも)
枯れ枝を切ったのでちょっと寂しくなっちゃいましたね


楡欅も芽が緑色になっていたので今日植替えたんですが、何と1センチ位の太さの
根が幹の下で団子状になってましたよ

…お前はイモか!

夏ぐらいからちょっとずつ木が傾いてきてたんで、鉢の中で根が太く
なってきたんだろうなぁとは思ってましたが…まさかあそこまでヒドいとは!

ニレケヤキの太根は毎年鬼のように切る必要があるようです

『ええい斬れい、斬って捨てい!』


いや根伏せの材料になるので捨てるのは止しましょう


そうだ、植替えのやり方について一つ書き忘れてました

用土を棒で突き込んだ後は、頭からしっかりと水を掛けてあげます
土に残った微塵が流れ、鉢穴から澄んだ水が出るようになったらOK。

この季節、盆栽園さんはどこも大忙しですね
[PR]
by 1000ray | 2011-02-23 21:45 | 盆栽

盆栽の植替え

やって参りました植替えシーズン!

盆栽の植替え方法について書いてある場所は沢山ありますので(本とかネットとか)
私なんぞのような素人がこんな所でわざわざ書くことはないんですが、
「盆栽植替えたけど枯れちゃった…」という盆栽入門者の方が
このブログによって一人位は減ってくれるかも知れませんので(笑)、一応書いておきますね

c0219927_18205952.jpg

まず下準備として、用意した鉢に鉢底ネットを入れて針金で固定します
固定方法の流派(仮)は色々あるんですが、細い針金を8の字のように曲げて上側から
底側に余った部分を通し、鉢穴の縁で曲げてやればきっちり固定できますよ
(分かりにくくて済みません)

あ、鉢の両端に飛び出ている二本の針金は木を固定するためのものです

c0219927_1824588.jpg

底側から見るとこげな感じです
木を固定する針金は一本でも良いんですが、二本を別の場所から通して二箇所で
多角的に止めてやった方が木がグラつかず安定します
鉢にこうやって針金用の小さい穴が複数開いていると助かりますね
きっと精神が細やかな人が鉢を作ったんでしょう

c0219927_18304453.jpg

鉢のスタンバイが終わったら用土をフルイ分けします
左側が4ミリ目、右が1.5ミリ目…くらいだったような気が…

大きな盆栽だともっと大きい目のものも使うんですが、ミニ盆栽ならこの程度の
大きさで十分。4ミリ目を通した土を1.5ミリで受け、しっかり微塵を抜きます

恐らく園芸初心者の方が最初に失敗するのがこの用土フルイなんじゃないでしょうか

用土に微塵が入っていると目詰まりを起こして植替えの効果が無くなってしまいますし、
土の大きさがバラバラだと根の太さ、伸びる枝の強さにもばらつきが出やすくなります
ですのでまず土はしっかりとフルイにかけましょう

さて肝心の用土配合の方なんですが、これは簡単には言えない部分がございまして…


        ←砂多め      用土の種類      赤玉土多め→
        ←大きめ      粒の大きさ       小さめ→


施肥予定   たんと肥培するつもり             痩せ作りの予定

樹種     乾燥を好む種類               水分を好む種類
        または根が伸びにくい種類         または根が良く伸びる種類

鉢       排水性が悪そう               排水性よさそう
        (磁器、穴が小さい等)            (土がざっくり、穴が大きい等) 

木の状態   根が出来ていない苗木段階        完成樹 

ライフスタイル  夏場頻繁に水遣りできる        潅水は朝夕2回が限度


すごく強引にまとめると、大体こういう感じになります
雑木盆栽なら赤玉土7~8割、山砂(桐生砂、富士砂など)3~2割くらいを
基本として調整すると良いんじゃないでしょうか
ミニ盆栽なら粒の大きさは2~4ミリ程度のもの主体でOKです

私の場合、松類(黒松赤松五葉松)だと半分以上は砂にしてますが

出来上がった用土には0.5割程度竹炭か燻炭を混ぜてやると
根腐れ防止に役立ちます
特に真柏、杜松、はたまたローズマリーなど土の酸性化を嫌う樹種の場合
多めに混ぜ込んでやると良いみたいです


c0219927_1921297.jpg

さてさて、えらい長くなってしまいましたが笑 植替え手順の続きです
鉢底に4ミリのフルイに集まった中から小さめのヤツをゴロ土として敷きます
これで排水性がチョベリグってヤツですね(死語)

c0219927_1965675.jpg

ここでようやく木が登場。
鉢底の固定用の針金を切って鉢から木を引き抜きます

これは盆栽展で入手したいぼたさんですが、本当にもう全然水が通りませんでした
抜いてみると予想の通り根がびっしりです

c0219927_19105328.jpg

そうしたら根をバッサリ切る…んですが、ちょっと切りすぎたかも知れません
イボタは根を薄く切り詰めないとダメだと言われたのでそうしたんですが、
ちょっとさすがに鋏が滑ったかも…

松なんかの場合だとこんなに切ったら間違いなく即死コースです
気をつけましょう

c0219927_19154512.jpg

根を乾かしたくなかったので画像飛びました、済みません(笑)
手順としましては

ゴロ土の上に作った用土を薄く敷く
    ↓
そこに根の底の部分をしっかりと押し付けるようにしてゆすり込む
(木の底面に隙間を作らないように)
    ↓
根鉢を通しておいた針金で固定する(指ではなくラジオペンチ等でねじると
しっかり固定できます)
こうする事で新しく伸びてきた根が傷まず、しっかりと根付くのです
    ↓
用土を鉢に注ぎ込んで上から木の棒等で突き込む(こうすると隙間に土がしっかり
入っていきます。結構重要かも)

このイボタにこの鉢はあんまり合ってません(オイ)が、夏場を考えて
ちょっと大きめにしました
本当はもっと浅い鉢の方が見映えがするんですが…枝が伸びてきたら少しは
バランスが取れるんじゃないかと思います

c0219927_19252975.jpg

裏側はこんな感じ


植替えはかなり根を減らす作業なので、作業後2週間くらいは明るい日陰で養生します
今の時期はまだ雨が冷たいので、早めに植え替えたものは
雨よけが出来る場所に置いておくと万全かと。

施肥は2~30日はしない方が良いですね
[PR]
by 1000ray | 2011-02-22 19:41 | 盆栽

97回目の七輪陶芸~南蛮皿と下方鉢を焼きました(ついでに焼き方まとめ)

やって参りました月曜日!
スキあらば焼く…これが七輪トウゲヤーとしての生き様よ!

近頃ずっと七輪陶芸の方法について触れていなかったので、ここら辺で
おさらいも兼ねてもう一度やり方をまとめておこうと思います
ボロボロ七輪になってちょっとずつやり方変わってきてますからね

c0219927_14154051.jpgまず七輪に火を入れる前にドライヤーで前回溜まった灰を吹き飛ばしておきます。結構溝とかに溜まってるんですね


c0219927_1419364.jpg掃除が終わったら、新聞紙と木切れ(今回は枇杷の枯れ枝を使ってます)、あと消し炭の破片を燃やして火種を作ります。あ、この時点で紙の灰をドライヤーで吹き飛ばしておくと綺麗な焼き上がりになりますよ


c0219927_14271039.jpg火がついたら火種を中央に移動させ、消し炭を全体に敷いてその上にオガ備長炭(白炭)を縦に並べます。中央は火が強くなりがちなので横置きで火力を調整。以前に比べるとちょっと使う白炭の量が減りましたね


c0219927_14313514.jpgその上にマングローブ炭(黒炭)を積み上げ、その上に焼く物をセット(今回は松の剪定くずを上にのっけて自然釉を期待。)マングロ炭の積み方なんですが、まず一番下にある程度厚みのあるブロック状の炭を三方に設置(ウールマークみたいな感じで)、その後は中央も含めてやや小さめの薄いプレート状の炭を重ねていく感じでやってます。あんまり炭を小さくすると一気に火力が上がって割れやすくなりますが、かといってあまり大きくすると焼成後半で上手く温度が上がってくれません。まぁその辺は経験といいますか、気合で。


c0219927_14383855.jpg焼き物をセットしたらもう一個の七輪を被せ、下の吸気口チョイ開きで40~45分程度放置。その後は半開きで7分くらい、全開で10分くらい待てば大抵の場合十分に火が回ります。(実際は時間というよりは排気の熱さで中の様子を測ってるんですが…指がやけどしそうになったらOKです)七輪がボロボロになってくると隙間から相当空気が入ってくるので、初期の温度上昇はかなり早くなりますね。


c0219927_14444941.jpgドライヤー送風は微風で30センチ~密着までを7分程度、その後はドライヤー強風でそうですね…全部でだいたい25分くらいでしょうか。上の画像が取り出し13分前の画像、左の画像は取り出し5分前の画像です。炎の色がこういうレモンイエローに変わり焼き物に透明感が出てくるというか、何となく見た目がトロリとしてきたら温度は万全と言えると思います。逆に炎が赤やオレンジ色だとまだまだ焼き締めの温度にはなってない感じです


c0219927_14545670.jpg今回はドライヤー送風を続けたまま取り出しました。こうするとやや酸化寄りの色合いになる事が多いようです(釉薬ものはこうやって取り出しても還元の色合いになりますが)七輪が古くなってくると熔けた灰で七輪がくっついて離れにくくなりますが、そういう場合は火バサミなんかを差し込んで一度剥がしてから開けてやるようにすると、七輪が途中から千切れてしまったりとかそういう事が無くなろうかと思います(笑)


では焼き上がり画像です

c0219927_1502413.jpg
c0219927_150522.jpg
c0219927_1512882.jpg
c0219927_1514969.jpg


赤土の再生粘土にちょっとだけ道具土を加えて作った南蛮小皿鉢。

なんというか、さすが七輪の神様!…とバンザイ三唱するほかない出来です
実にいい色合い。全体は備前風の茶色で、灰が掛かった所が
蕎麦釉のようになったり黒色になったり…

形はちょっと厚い(高さのある)感じにして縁に一段アクセントを加えてあります
こうやって小さな段を付けるだけで結構見た目の印象って変わるもんなんですよね
盆栽鉢って不思議です

c0219927_1562996.jpg


上に載せておいた松の灰が熔けてキレイな青色の模様になりました
剪定した枝をそのまま捨ててしまうのはちょっと忍びないですからね…
せめてこうやって鉢作りの方に使わせて頂きましょう



c0219927_15153156.jpg
c0219927_1516319.jpg
c0219927_15162513.jpg
c0219927_15164884.jpg


炎色荒土で作った下方鉢。あ、縁のカケは七輪のフタをする時にうっかり
ぶつけてしまった事故傷です(近頃そんなのばっかだな…)
こちらは肌色で上品な感じになりました
ざっくりとした風合いの土なので多分通気性、吸水性は高いんじゃないかと
思われます。まだ使った事がないので作の乗りは分かりませんが…

今回もいい仕事をしてくれましたね、七輪窯。
何回焼いても本当に飽きません
[PR]
by 1000ray | 2011-02-21 15:34 | 七輪陶芸のやり方 まとめ

御用だ御用だ

とりあえず…粘土が乾きません!(陶芸派の皆様、申し訳ありません)

c0219927_1614626.jpg

焼成予定は変更し、今日は昨日のアイグロマツに続きこの五葉松を整姿しました

c0219927_1614616.jpg


裏側から見ると差し枝(?)がだらーんと伸びているのが分かります
接ぎ口もこちら側からはまだ分かりやすいですね(表側は皮の荒れでだいぶ隠れてます)

安価な五葉松素材には割とありがちな感じの木です。
何というか、枝棚が平べったく広がっている感じが。

この木も入手時の構想通り、差し枝を無くしてちゃんとした懸崖に作り直す事にしました
…この鬼が!


c0219927_1614650.jpg

c0219927_1614644.jpg


結果こんな感じです。またゴッソリと…

五葉松は肉巻きしても傷痕がナマナマしく残ったりするので、抜いた太枝は
全て枝元を残して爪ジンにしてあります

枝は減りましたが、幹模様は個性的なので鉢合わせをすれば案外面白く
なるんじゃないかと思うんですが…

しばらくは枝が減った分水のやり過ぎには気をつけないといけませんね
[PR]
by 1000ray | 2011-02-20 16:14 | 盆栽

アイグロマツの大手術

近頃だいぶ暖かくなってきたので、構想の通りアイグロマツ(多分)の改作を実施しました

c0219927_20394585.jpg

とりあえず一の枝を外した所。この後左上の枝も外して大幅に枝数ダウン。

かなり大きな切り込みになりましたが、文人木の細幹を維持する為には
早い段階での枝数の整理が必要です。許せ、アイグロマツオ…

c0219927_20394569.jpg


ごっそり枝が減りました。今後は芽切りやら胴吹き芽やらでちょっとずつ
枝を作っていく予定です

c0219927_20394562.jpg


枝を抜いた左側はジンと舎利にし剪定傷を再利用。
(幹が途中から折れたようなイメージで…)

しかし木にとってはとても負担の掛かる作業になってしまいました。
しばらくは養生せねば…

すまん、アイグロ氏。
[PR]
by 1000ray | 2011-02-19 20:39 | 盆栽

挿し床作り

今年も挿し床を作る季節がやって参りました
継ぎ足し継ぎ足しで作ってきた挿し床です(嘘です)

c0219927_15562477.jpg


今年はこれだけ作りましたよ。
去年は種まきメインの繁殖を試みたんですが…見事に実生に恵まれない盆栽生活を
送ってしまったので(※訳:面白いように発芽しなかったので)
今年は挿し木だけに専念します、ええ。

な、泣いてなんかいませんから!

いささか作りすぎな気もしますが、余ったスペースは夏場の豆盆栽を置くスペースに
転用させて頂きましょう

そういえば…去年の挿し床は試しに鹿沼土で作ってみたんですが、保水力があって
赤玉土よりも維持しやすかったです。苔も生えにくいし

ただ、真柏みたいに酸性土壌に弱い樹種はやっぱりダメみたいなので…
今年は赤玉土に戻す事にしました


c0219927_15562467.jpg

↑挿し床を崩して得た苗木。ウグイスカグラ、錦松、夏グミ×2

錦松なんて本当に発根するのかよと思ってましたが、本当にちゃんと発根してました
何しろ松だし、挿したのは夏だったので無理だろうと思ってたんですが…恐るべし錦松

c0219927_15562446.jpg


この椿は母がお花で使った物を去年の冬に挿しておいた物です
(確か白い花だったような)
冬に挿して生き長らえらえ、しかも一年でこの伸びとは…椿も恐るべし。
(左手に持っているのは剪定した先端部分。高さは30センチくらい有りました)

今年はまた色々と殖やしますよ…キョーッキョッキョ
[PR]
by 1000ray | 2011-02-18 16:20 | 盆栽

白土で鉢作り

c0219927_2247466.jpg

ってまた五角豆鉢かよッ!

…いや、やっぱり浅いバージョンも作っておこうと思いまして…。
(一応ミニ盆栽用の小判鉢も作ったりしてますが)

あ、勿論釉薬を掛けますよ。あまつさえ灰釉をね!(ギラッ)


しかし今回の鉢も結構小さいんですが、こういう豆鉢をプロの方があまり
作らないというのも何だか分かるような気がします

豆鉢って、内側とか削るの結構大変なんですよ
かと言って削らないというのも…やっぱ薄く作らないとサイズがサイズだけに
土が入りませんし

私なんかが作るといよいよ要領が悪いので、数時間くらい簡単にかかってしまいます

…それは掛かり過ぎだろっ!

…すみません。

でも小さい鉢は歪みが出にくいので、いつもとはちょっと違う練習が出来て楽しいです
[PR]
by 1000ray | 2011-02-16 22:47 | 雑記