<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

飽きもせず…

またこの形の下方鉢を作ってます。
c0219927_1811785.jpg



この形、冷却の過程で割れやすいんですよね…
でも姿形が何となく気に入っているので、割れてもついまた作ってしまいます

以前書いたように意匠は一応竹がモチーフなんですが、個人的に盆栽鉢に
具象的なデザインを持ち込むのはあまり好きではないので、まあ雰囲気だけ竹っぽく…笑

こういう鉢に細幹の軽い樹を植えてみたいんですよねぇ…赤松とか五葉松の。
もちろん懸崖樹形で


ミニ盆栽の大きさだと細幹が一層お洒落に感じられるような気がしませんか?

「お洒落」「風流」「和の心」

今後若い人達に盆栽が受け入れられるには、これらがキーワードに
なるような気がしているんですが…

細幹の復権も案外間近かも知れませんよ?
[PR]
by 1000ray | 2011-10-31 18:08 | 雑記

恐るべし、チリメンカズラ

c0219927_1665755.jpg


この間植え替えた豆盆栽のチリメンカズラが紅葉を始めました

良かった、一応生きてはいるようです…どころの騒ぎではなく、
むしろ既に鉢穴から根がはみ出してきてます

チリメンカズラ強っ

ちょっとびっくりしました
[PR]
by 1000ray | 2011-10-29 16:04 | 盆栽

102回目の七輪陶芸~ミニの中深鉢を二つ焼きました

近頃天気予報が外れまくりです

気象衛星とスーパーコンピュータさん、ちゃんと仕事して下さい
でもお陰で今日は焼くことができたんですけどね笑

c0219927_13491158.jpg

今日焼くのは例のネジレ鉢第二号と、同じ位の大きさの丸鉢。
土はどちらも朱泥に粗い信楽の土を少量混ぜたもの
同じように焼いても面白くないので、一つは引き出し炭化にする予定です

c0219927_13491129.jpg

この七輪二回目の焼成の前にステンレスの針金で上の七輪を補強しておいたんですが、
中々いい感じに補強できたと思います(どうせいずれ割れちゃうので)
金属のフレームもついたままの方が、七輪を開ける時熱くないですしね(地味に重要です)

七輪の補強は外から締め付けるのが一番ですよ
中から溝を埋めようとすると死を早めます

c0219927_13491181.jpg

出てくる炎が短くなり始めたら温度が上がってくる兆し…
勢いよくボウボウ言ってる時って案外そんなでもないんですよね
今回は最後の20分を25分に延長してみっちり焼きました

というかすみません、丸鉢の方を取り出してすぐ燻炭の中に沈めたりしてたので
今回七輪を開いた画像が取れませんでした。

というわけで、いきなりですがやきあがりです


c0219927_14184938.jpg
c0219927_14192188.jpg
c0219927_14193662.jpg


引き出してすぐ可燃物と一緒に閉じ込めて炭化させた丸鉢。
いい金属光沢がでました!焼き締まり具合もかなりのもの。いい音がします

想像よりは真っ黒にはなりませんでしたが、渋い色にメタリックな質感が入って
凄く不思議な雰囲気に。

c0219927_1422192.jpg


いい光り具合じゃないですか…
う~ん、これはしばらく炭化にハマってしまうかも知れません

c0219927_14232244.jpg
c0219927_14235773.jpg
c0219927_14241930.jpg


ネジレ変態鉢。写真下手だなオイ!
実物はこれよりも多少は常識的なフォルムとなっております…多分。
懸崖樹形に合う厳しさが出るかなぁと思ってねじってみたんですが、
まぁボツボツですね。(素

もうちょっと普通に作るといいかも知れません
これはこれで案外植えられそうな気はするんですが


ミニサイズの中深鉢はあまり作ってなかったので、これで大分鉢合わせの
レパートリーが増えました。一安心

もうちょっと七輪の抜けが良くなってきたら、また釉薬ものにも挑戦してみたいと思ってます。

…ヒヒヒ。
[PR]
by 1000ray | 2011-10-29 14:32 | 七輪陶芸

亀に砂苔

c0219927_23594416.jpg

豆鉢の砂苔がぎゅうぎゅうになっていたので亀鉢に株分け(?)しました
なかなかよく似合ってます。
これにひょろっとした山野草でも生えていれば完璧かも(…何が?)




はい、それだけです。
[PR]
by 1000ray | 2011-10-25 23:59 | 雑記

101回めの七輪陶芸~南蛮皿を焼きました

やって参りました曇天!!

なんざそら。
まぁその、とりあえず焼成ですよ焼成!

c0219927_15235056.jpg

今回焼いたのは過去の記事で触れたミニ南蛮一枚。土は例の朱泥土に
少量の炎色荒土とベンガラを混ぜたもの。

近所の方から陶芸にと竹炭を頂いたので、焼き物の下に一列並べてみました
(いつものように赤松の剪定した枝も敷いてあります)
ちょっとこういう新しい要素が入るとワクワクしますね。竹炭の効果は表れるでしょうか…?

c0219927_1528462.jpg

ドライヤー強で15センチくらいの時の様子。還元炎が長ーく伸びてます
これが短くなって炎の色が明るくなってきたら終りが近い感じです

今回はやや耐火度の低い朱泥メインという事で、ちょっとだけ温度を控えめにしました
ドライヤー強の距離を5センチに留め、最後の15分は温風を切って送風…
したんですが、温風と冷風の差って多分あんまり無いですねこれ。
炎の色見た感じ全然変わってないような気がします
焼成初期なら結構違うのかも知れませんが、終盤はとりあえず酸素が送られていれば
ちゃんと焼けるみたいです

c0219927_15342287.jpg

今回も送風を続けたまま取り出したんですが…何か妙に還元っぽいぞ…?


では焼き上がりです
c0219927_15354586.jpg

c0219927_153698.jpg
c0219927_15362951.jpg
c0219927_15365733.jpg


見事な炭化還元に仕上がりました

あ、そうか…やや距離を置いて送風をしたのでいつもより酸素が不足気味になったのかも
でも南蛮としてはこういう色合いの方が自然という気もします
何と言うか、須恵器みたいな感じが出るので…

あと底面に(画像では分からないんですが)綺麗な銀色が出ました
落款のあたりなんですが、新鮮な青魚みたいな色です(もっといい喩えはないのか)
竹炭は普通の炭にくらべて珪酸が多いらしいので、それが反応して
うっすらとした釉薬になったのかも知れません。
次は意図的に当てて焼いてみましょうか…ちょっと面白いかも


c0219927_15422168.jpg

超最先端技術を駆使して(pentium3のノートPC…ハイテクです!)
樹とあわせてみました 笑
こうやって見ると模様木にも南蛮って合う感じがしませんか?どうでしょう

だんだんこの七輪もこなれてきた感じがします
あと5、6回焼けばいつもの焼き方に戻れそうです
[PR]
by 1000ray | 2011-10-23 15:51 | 七輪陶芸

鉢の死に神 ゴッドドラゴン

さっきいきなりの突風が我が盆栽を襲い…


一つ鉢が割れちゃいました。

仕方なく植え替えです

c0219927_1546748.jpg



ってまたお前かよ!!

この竜神づた、うちに来てからまだ一年も経ってないというのに…
既に落下鉢割りは二回目です
まさに鉢キラーのカリスマと言えましょう

竜神づたって幹に弾性があって、揺らすとグヨグヨ動くんですよね
多分その性質がよく風の影響を受けるんじゃないかと思います
他の盆栽は何とも無かったのになあ…

植える鉢は焼成を再開して最初に焼いた丸鉢にしようと思ってたんですが、
何だかこの木をああいう深めの丸鉢に植えるのも飽きてきたので
ちょっとした変化球のつもりでミニ南蛮皿に変更しました

たまには模様木に南蛮皿を合わせるのも楽しいんじゃないでしょうか…
ただ今回の場合はちょっと鉢が大きい感じがしますね。
まあ培養を考えるとこれくらいが良いのかも知れません


近頃こういう急な植え替えにも慣れてきたような…笑
[PR]
by 1000ray | 2011-10-22 16:11 | 盆栽

黒松の古葉取り ねばーえん

c0219927_1354830.jpg



本当に終わりません。

芽の伸びがイマイチで結局今年も葉切りメインで葉を揃える事になったし…
一体私は何をやっているのでしょうか
(現在一の枝をビニール紐でゆるく幹側に引っ張ってます)


でも入手時の姿は
c0219927_1354883.jpg



そういえばこんな感じだったんだった…まあ、この頃よりは
良くなったでしょう、多分。

樹もそうですが、盆栽には育てる人間側の成長も不可欠です 汗
[PR]
by 1000ray | 2011-10-22 13:16 | 盆栽

天気が悪いので

仕方なく粘土いじりです

c0219927_10531979.jpg

c0219927_10531944.jpg


2枚目は今製作中のねじれ鉢第2弾


んー、だいぶカンが戻ってきましたかね?
(まぁ戻っても大した事は無いんですけど…)

作っては壊す日々が続いてましたが、ようやく
そこからはちょっとずつ脱却しつつあるようです 笑


あ、黒松の葉すかししないと…
[PR]
by 1000ray | 2011-10-22 11:02 | 雑記

飾りの練習…

夏ヅタの紅葉が見事なので、狭い我が家の一角でちょっとだけ
飾りの練習をしてみました

c0219927_1747444.jpg



とりあえず写真がダメダメですね。すみません

楡欅さん切れちゃってるし…

石は匹見峡の河原で拾ってきた何か達磨さんみたいな形の石なんですが、
台はないし妙に大きいしピンボケで人の形にも見えないしで
散々な事になってしまってます


盆栽は何を飾るにしても添えというものが必要になってくるんですが、
普段から何も考えず盆栽を育てていると…全くもってその
添え役の枚数が足りなくなります 汗

草もの盆栽も真剣に始めないとまずい事になりそう…
つい欲しい樹種を鉢と木単体で楽しんでしまうクセがあるようです


いや、決まりに囚われず一鉢を洋間に飾るのも楽しいものなんですけどね
[PR]
by 1000ray | 2011-10-20 18:14 | 盆栽

先日匹見峡に行ってきたので

c0219927_21461518.jpg

c0219927_21461653.jpg


何となくその時に撮った写真を載せておきます
この辺りも紅葉のシーズンはさぞかし綺麗なんでしょうね、水面に
紅葉の色が映えて。川の水も澄み切ってましたよ
(※ただ紅葉シーズンは人の数も恐らく…)

貸別荘のようなものに家族&デカい獣(51kgのレオンベルガー)と
一泊したんですが、普通に備え付けのこたつがありがたい寒さでした
やはり中国山地といえども山の中は気温が低いです

あと…この辺りの水はやや硬水なのか、日本酒の味が
辛口でとても私好みでしたよ。ハッハッハ
東北のお酒ほどさらっとはしてませんが…土佐に近いかも

私はお酒が滅法弱いんですが、少しの量をチマチマ飲むのは結構好きなんです 笑



追伸
c0219927_21461699.jpg


ネットオークションで五葉松のミニ模様木を手に入れる事ができました
葉が短く、早くも春の植え替えが待ち遠しくなってくるお姿です、ムフフ
[PR]
by 1000ray | 2011-10-19 22:04 | 雑記