「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

楓の取り木

前々からの構想通り、楓に取り木をかけました。

c0219927_0241798.jpg



上手く行けば秋には双幹樹形として切り離せるかな…
いや、一年待った方が無難かも知れませんね。


近頃ダラダラと風邪気味状態だったんですが、ここにきていよいよ発熱が始まったようです

頭に霞がかかったようでどうもイケません 笑
[PR]
by 1000ray | 2012-05-22 00:22 | 盆栽

盆栽教の布教

アベマキ
c0219927_202020100.jpg



盆栽をやっていると人生に対し楽観的になるような気がしています。

木も鉢も、時間が経てば経つほど良くなっていくというのが盆栽の考え方。


盆栽という趣味の未来は常に明るいです。

なもので、それをやっていると自然と時間の経過に対し肯定的になれるような気がするんですよね



それに盆栽の時間は一年が最小単位だったりしますから。
数年なんてあっという間なんですよ、本当に


私はどちらかと言うと根暗な方で、以前はどちらかというと悲観的な考え方をすることの方が多かったんですが。

それが今や、完全に「なあにどうにかなる」というスタンス…
盆栽の効能恐るべしです。



ストレスの多いこの世の中、盆栽は潜在的にもっと必要とされているような気がします。


特に若い人は時間がある分有利なので、是非この機会に盆栽をおっぱじめてみて下さい。

楽しいですよ。


以上、盆栽教の布教でした(笑)
[PR]
by 1000ray | 2012-05-13 20:18 | 盆栽

激ウツ

今日も焼くのに失敗。(※昨日も失敗してます)
どうしても冷却中に割れてしまう…何故だ…!!

今使ってる粘土が合わないのかなとか考えておりますが


かなりユーウツです。あまつさえユーウツです。


こんな時、私を癒やしてくれるのは盆栽しかありません…(すごい孤独そうだな)


錦松
c0219927_1315427.jpg


新芽が伸びてきている以外は特に変わらぬ姿です、ニシキマツ。


五葉松
c0219927_1345956.jpg


根腐れを起こして慌てて植え替えたこの懸崖五葉松もどうやら大丈夫みたい。
ちゃんと芽が動いており一安心です。

松は葉色から体調が分かりにくいですからなあ…


竜神づた
c0219927_1383922.jpg


松ばっかりというのもアレですので、最後はリュウジンヅタ(夏づたの変種)。

奇妙な樹種ですが、実際に育ててみると案外育てやすいのがポイント高し。
つたの仲間は乾きに強いものが多いですね


しかしこうやって盆栽の写真を撮ってみると全部自分の作った鉢に植わってたりして。
市場にもほとんど出回っていない私の鉢を使いまくるなんて、なんて贅沢なことを。
(おまえは何を言っているんだ。)


それにしても春なのに花の少ないうちの棚場です。

もうちょっとどうにかせねば…


渋すぎます。
[PR]
by 1000ray | 2012-05-06 12:54 | 盆栽

盆栽の入門者を増やすためにも

mixiなんかで盆栽トピを見ていると、たまにこういうやりとりがあったりします。


初心者「~の盆栽です(写真)」
経験者「それは盆栽ではなく鉢植えですね」



まぁ経験者さんの言いたいことは分かります。
実際そういう写真って苗木を大きな鉢に植えてあるだけだったりしますしね


でもさぁ…そういう返信って果たして何かを生み出してるんでしょうか。
私にはすごく不毛なことのように思えます

たとえば

「盆栽は鉢と木のバランスを楽しむものです。
 ですのでもうちょっと小さな鉢に植えてやった方が
 見栄えが良くなりますよ」

…とか、色々言い方はあるでしょうに。めんどくさいのかな


実際そういう写真をアップするのって、まだ本当に盆栽に
興味を持っているかどうかも微妙な真の初心者さん達
なんじゃないかと思うんです

本格的に興味を持てば入門書の一冊くらいは
読むでしょうし、そうなればおおよその盆栽の
決まりみたいなものも自然と身についていくはず。


実際自分もそうやってやってきましたし…


そういう人達の心をいきなりベシッとへし折らなくても。
ただでさえ斜陽のジャンルなのに貴重な入門者が…嗚呼


と某所のやり取りを見ていて思った次第です。

なにがなにやら。ちゃんちゃん
[PR]
by 1000ray | 2012-05-05 09:39 | 雑記

同じようなつぶやき

盆栽鉢って本当に難しい。

樹を引き立てるのが盆栽鉢の役割だから、あまり目立ちすぎるのは良くない。
かといってあまり無個性的に作ってしまうと誰も見てくれない。

そして伝統的な鉢の形の文句のつけようのなさ…
これはある意味古典落語や将棋の定跡みたいなもので、
それに抵抗しようと思ったらそれなりの覚悟と意志が必要なんだと思う。

多分盆栽鉢を作っている人は、プロであれアマであれそれらと
一生懸命戦ってるんだろう。


自分も心に汗をかいて戦わないとウソになる。
頑張ります。
[PR]
by 1000ray | 2012-05-01 22:08 | 雑記