タグ:五葉松 ( 22 ) タグの人気記事

五葉松の古葉取り

巷では死に絶えたのではないかと噂されている(仮)千令ですが、どうにか生きとります。


まあ焼き物が焼けないため半分くらいは死んでますが。

半死半生という奴ですね(違います)


さて、秋です。
盆栽で秋と言えばやはり松の古葉取りでしょう。多分。


c0219927_14493526.jpg


うちの場合、赤松なぞは芽の数が少ないのでお茶の子さいさいなのですが…

五葉松黒松は結構大変!
上の五葉松もまだ三割くらいは前々年葉が残ってます…
(近代出版の『五葉松の育て方』によると、樹勢のために前年葉は残しておいた方がいいそうです)

この五葉松も一時は根がダメになったりしましたが、その後は順調に生育しとります。
少しは盆栽らしくなってきたかな…?


c0219927_145792.jpg

このちび五葉は前年葉も勝手に落ちてしまう手間要らずな子です(笑)

左上に伸びる一の枝はいずれ幹が太ったら切ってしまうつもりだったんですが

c0219927_1501293.jpg


試しに曲げてみたら案外まだ軟らかいので、針金で下げて使うことにしました。
これを切るなんてもったいないもったいない。

もっと小さい鉢に植えたら結構楽しめるかも。
葉が短くいじけて良かったです


作業しているとまだまだ日差しの強さを感じます。
でもカラリとしていて気持ちいいですね

いい季節です
[PR]
by 1000ray | 2012-10-12 17:44 | 盆栽

ドS。

c0219927_17442470.jpg


この実生五葉、どうもここ数年葉がまとまらず困っておりました。 

昔はもっと葉が短かったんですよ。
五葉松は植え替えた年に葉が伸びてしまうことはよくありますが、この木はもう植え替え三年目。
これは困った…。

やはり無意識のうちに甘やかしていたのかと思い、去年の秋は油粕のカケラくらいしか与えず、今年の春はもちろん無肥料で様子を見ることにしたんですが…


c0219927_1750197.jpg

ワオ!葉の長さが3分の1になったわボブ!


いじめの効果てきめんです。

良かった、葉の短さを忘れた訳じゃなかったんだね!


やはり五葉松に甘やかしは厳禁ですね。肥料も水もカッツカツにしないと…

日々勉強です。
[PR]
by 1000ray | 2012-06-21 17:41 | 盆栽

激ウツ

今日も焼くのに失敗。(※昨日も失敗してます)
どうしても冷却中に割れてしまう…何故だ…!!

今使ってる粘土が合わないのかなとか考えておりますが


かなりユーウツです。あまつさえユーウツです。


こんな時、私を癒やしてくれるのは盆栽しかありません…(すごい孤独そうだな)


錦松
c0219927_1315427.jpg


新芽が伸びてきている以外は特に変わらぬ姿です、ニシキマツ。


五葉松
c0219927_1345956.jpg


根腐れを起こして慌てて植え替えたこの懸崖五葉松もどうやら大丈夫みたい。
ちゃんと芽が動いており一安心です。

松は葉色から体調が分かりにくいですからなあ…


竜神づた
c0219927_1383922.jpg


松ばっかりというのもアレですので、最後はリュウジンヅタ(夏づたの変種)。

奇妙な樹種ですが、実際に育ててみると案外育てやすいのがポイント高し。
つたの仲間は乾きに強いものが多いですね


しかしこうやって盆栽の写真を撮ってみると全部自分の作った鉢に植わってたりして。
市場にもほとんど出回っていない私の鉢を使いまくるなんて、なんて贅沢なことを。
(おまえは何を言っているんだ。)


それにしても春なのに花の少ないうちの棚場です。

もうちょっとどうにかせねば…


渋すぎます。
[PR]
by 1000ray | 2012-05-06 12:54 | 盆栽

スリルとサスペンス…五葉松の植え替え

今日の植え替えは五葉松…。

そう…植え替えでよく枯れると噂されているあの五葉松です。

私自身まだ五葉松を枯らしたことがないのでよく分からないのですが…


植え替えで枯れるという話はとにかくよく聞くので、始める前からもう怖くって仕方ありません。


…頑張ろ。


c0219927_13572035.jpg

今日植え替えるのはこのミニサイズの那須五葉(実生)。
比較的最近入手した木です


大きい仕立て鉢に入っているので、これは困難な植え替えになりそうな予感が…ゴクリ。


c0219927_1415247.jpg

五葉松の根って黒松とかに比べると粗いような気がするんだよなあ…
ちょっとイチョウ的というか…ブツブツ…

などと考えながら根をほぐしていたら、中から得体の知れぬブツが発掘されましてございまする。

木組と陶板…な、なんだこりゃ???


c0219927_147143.jpg

何はともあれとりあえず八割がた根を捌いたところ。

細い根のついていない太いだけの根は水吸いには関係ないので、どんどん切っても大丈夫です

他の木だったらもっと切り詰めるんですが、五葉松に対する恐怖の念からやや根は長めに残しました…

幸い根元付近の細根が割と充実していたのが良かったです。


あ。もしかしたら例の陶板はそのためのモノだったのかも知れませんね

二重底のようにして浅い部分に根を確保し、将来鑑賞鉢に植えやすくするようにしてあったのかも…。

だとしたらありがたいことです。


盆栽を手に入れるということは、前の方からバトンを手渡されるということ。

大切にしなければいけませんね。

c0219927_1419382.jpg

さて、今回の用土は五葉松向けに水はけ重視で作りました。
赤玉土4割桐生砂1割、残りは4ミリ未満の軽石と竹炭。

五葉松はちょっとくらいカラカラになっても大丈夫ですよ。
むしろ過湿の方が怖いみたいです。


c0219927_14464720.jpg


大きな仕立鉢からの鉢上げだったので(植え付け角度も変更したし)ちょっと不格好な鉢合わせになってしまいましたが、とりあえず植え替えは完了。

今後は段階的に鉢を小さくしていくつもりです。

次の植え替えの頃には…といってもおそらく3~5年後でしょうが笑、その頃にはきっともっと根が細かくなっている…予定です。多分



3月は松の植え替えシーズンですね。早く取りかからねば…
[PR]
by 1000ray | 2012-03-02 17:48 | 盆栽

読めない…

去年の秋に根腐れを発見し、慌てて植え替えを行った懸崖の五葉松。
あれからしばらく時間が経ちましたが…


c0219927_2244484.jpg


…ほとんど変化がないため全く体調が読めません。

調子いいのやら悪いのやら。



枯れるまで様子が変わらないのが五葉松なのかも…
とりあえず春の芽出しまで健康診断は出来なさそうです、とほほ
[PR]
by 1000ray | 2012-01-08 22:02 | 盆栽

先日匹見峡に行ってきたので

c0219927_21461518.jpg

c0219927_21461653.jpg


何となくその時に撮った写真を載せておきます
この辺りも紅葉のシーズンはさぞかし綺麗なんでしょうね、水面に
紅葉の色が映えて。川の水も澄み切ってましたよ
(※ただ紅葉シーズンは人の数も恐らく…)

貸別荘のようなものに家族&デカい獣(51kgのレオンベルガー)と
一泊したんですが、普通に備え付けのこたつがありがたい寒さでした
やはり中国山地といえども山の中は気温が低いです

あと…この辺りの水はやや硬水なのか、日本酒の味が
辛口でとても私好みでしたよ。ハッハッハ
東北のお酒ほどさらっとはしてませんが…土佐に近いかも

私はお酒が滅法弱いんですが、少しの量をチマチマ飲むのは結構好きなんです 笑



追伸
c0219927_21461699.jpg


ネットオークションで五葉松のミニ模様木を手に入れる事ができました
葉が短く、早くも春の植え替えが待ち遠しくなってくるお姿です、ムフフ
[PR]
by 1000ray | 2011-10-19 22:04 | 雑記

五葉松がピンチな事に

うちの盆栽をチェックしていたら、何やら接ぎ五葉から危険なニオイが…
いや様子がおかしいという意味ではなく、文字通りの意味で。

悪臭…というほどでは無いですか、とにかく盆栽のニオイとしては
おかしい。これはもしやと思い根を見てみたら…

見事に腐ってました

慌てて緊急の植え替えです

c0219927_1715796.jpg

c0219927_1715787.jpg


植え替え後の様子。植え付け角度の変更で見違えるように良くなりました!
二本の太根が絡まっていて迫力もあります!

…ではなくてですね、悪くなっていた根を全て切り、上根の部分には
水苔を当てて養生しておきました

入手時に表土が粗い砂単用だったので油断してました。1センチ下はヘドロのような
泥濘質の用土だったのね。気がつかなくてごめんよ…

多分春先の大改作も影響したんだと思います
枝葉の方はごっそり減ったのに根はそのまんま。そりゃ根の活動も鈍って当たり前ですよね

早春に大きな作業をしたから負担を減らそうと、植え替えを一年見送ったのが
逆に失敗だったようです…

健康な根もそれなりに多かったので、どうにかこれで持ち直してくれれば
良いんですが…(用土も今度こそ日向軽石主体の粗めブレンドに
表土だけは上根発達のため赤玉土を混ぜましたが)

しかし上根が一本ポロリと取れるくらい根がやられていたのに
葉色は全く健康に見えるのが怖いです
『松は一度調子を崩すと治らない』という話の意味が分かった気がしました
葉色が悪くなる頃には手遅れ…というのは本当なんですね

どうにかこれで凌いでおくれ、お願いです
[PR]
by 1000ray | 2011-10-04 18:20 | 盆栽

いつまでもそのままの君でいて

c0219927_163331.jpg

今年もうちの五葉松はいつもと変わらずマイペースな育ちぶりです
(今年は春肥をやらない予定なので少し葉が締まるかも知れません)

この木はうちにある五葉松の中でも特別生長がゆっくりですね
全然姿が変わりません(笑

根の伸びもマイペースらしく、植替えから丸一年経つのに未だ水がジャージャー抜けます
…あと2年くらいは植替え要らないかな…。

c0219927_1633368.jpg



幹肌は…味わいが出るまでにはあと20年くらいはかかりそうです(笑

五葉松は個体差がすさまじい樹種ですが、概ね黒松や赤松よりは皮が来るのが
遅いんじゃないでしょうか

時間だけはたっぷりあるのが私の強み…ここはどっしりと構えて待つ事にいたしましょう

c0219927_1633395.jpg


P.S.楡欅も新緑がキレイに揃いました。
  今はアンバランスですが、今後はもうちょっと枝を伸ばして半球状に作りたい所

  楡欅は肥料を極力抑えないと、枝がすぐゴツくなって大変です…
[PR]
by 1000ray | 2011-04-23 16:33 | 盆栽

ヤマゴケがKONA☆GONA

ホソバオキナゴケの盆栽にまたフデゴケらしき物が生えていたので、今日はピンセットで
チマチマと引っこ抜いていたんですが…

うっかり苔のカタマリを落下させてしまい、ヤマゴケが見事に
バラバラになってしまいました

c0219927_179487.jpg


どうにか半分くらいで再成型したオキナゴケ。あまつさえツギハギです

ヤマゴケは横の繋がりがほとんど無いので本当にバラけやすいですね

…やっちゃったぜ。

c0219927_179427.jpg


残りのオキナゴケは瑞祥五葉松の株元に貼っておきました
この瑞祥、自作南蛮皿に植えてやろうと目論んでおったのですが…根を見てみたら
あまりにもヒド過ぎる片根。
あと数年は深い鉢で上根作りが必要です…
(瑞祥は水苔を巻くだけで根が出るくらい発根はしやすいらしいですが…はてさて?)

水やりが難しくなったり肥料をやると苔が枯れ込んだりするので私は盆栽に
苔を貼るのはあまり好きじゃないんですが、
ヤマゴケは水を弾きにくく、またベトベトする類の苔でもないので盆栽に生やす苔としては
好きな方です。痩せ作りの木ならちょっと殖やしてみるのも一興かと
[PR]
by 1000ray | 2011-03-27 17:09 | 盆栽

御用だ御用だ

とりあえず…粘土が乾きません!(陶芸派の皆様、申し訳ありません)

c0219927_1614626.jpg

焼成予定は変更し、今日は昨日のアイグロマツに続きこの五葉松を整姿しました

c0219927_1614616.jpg


裏側から見ると差し枝(?)がだらーんと伸びているのが分かります
接ぎ口もこちら側からはまだ分かりやすいですね(表側は皮の荒れでだいぶ隠れてます)

安価な五葉松素材には割とありがちな感じの木です。
何というか、枝棚が平べったく広がっている感じが。

この木も入手時の構想通り、差し枝を無くしてちゃんとした懸崖に作り直す事にしました
…この鬼が!


c0219927_1614650.jpg

c0219927_1614644.jpg


結果こんな感じです。またゴッソリと…

五葉松は肉巻きしても傷痕がナマナマしく残ったりするので、抜いた太枝は
全て枝元を残して爪ジンにしてあります

枝は減りましたが、幹模様は個性的なので鉢合わせをすれば案外面白く
なるんじゃないかと思うんですが…

しばらくは枝が減った分水のやり過ぎには気をつけないといけませんね
[PR]
by 1000ray | 2011-02-20 16:14 | 盆栽