「ほっ」と。キャンペーン

タグ:唐楓 ( 4 ) タグの人気記事

楓の取り木

前々からの構想通り、楓に取り木をかけました。

c0219927_0241798.jpg



上手く行けば秋には双幹樹形として切り離せるかな…
いや、一年待った方が無難かも知れませんね。


近頃ダラダラと風邪気味状態だったんですが、ここにきていよいよ発熱が始まったようです

頭に霞がかかったようでどうもイケません 笑
[PR]
by 1000ray | 2012-05-22 00:22 | 盆栽

唐楓の葉刈り&剪定

楓やモミジの仲間は休眠期(真冬)に枝を切ると切り口から水を吹いて樹勢を落としてしまうため、剪定は葉が落ちきる前の晩秋か、もしくは植え替えと同時の春にやるのが良いそうです。

…本によると、ですが。何でも梅なんかも結構水が出やすいとか何とか。

c0219927_16152691.jpg

さてさて、まず前段階として葉を刈ります。

……寂しい…寂しすぎる姿です!


c0219927_16165386.jpg

この唐楓さんはご覧の通り、やや葉が小さくなる性格の持ち主なんですが…


c0219927_16182717.jpg

その分芽が混み合って車枝(一カ所から三本以上枝が出る事。放っておくとコブになってしまうため盆栽では嫌われます)が出来やすいのです。

こういう忌み枝は普段の芽摘み、葉刈りの時に気づいておかないと本当はカエディストとして失格なんですが、私にそんな細やかな手入れは無理です…。


という訳で、一年の管理が冬に丸分かりになってしまうのが楓&モミジなんですよね…う~ん、キビシイ!

c0219927_16452464.jpg

とりあえず徒長枝と車枝の剪定完了。

取り木は線の辺りに施して、将来的には双幹の姿になる予定です。
今のままだと根張りが偏っておりますので…

それから枝ももっと充実させないとなあ…

見れるようになるまでにはまだしばらく時間が掛かりそうです 笑
[PR]
by 1000ray | 2011-12-02 18:35

ようやく紅葉&黄葉

気まぐれな温度変化を見せる今年の秋ですが、ようやくうちも楓なぞが紅葉し始めました。

唐楓
c0219927_16193186.jpg


ニレケヤキ
c0219927_16201354.jpg


アベマキ
c0219927_16204131.jpg



今年は寒くなったと思ったら急にまた暑くなったりしたので、綺麗な紅葉という訳には行きませんでしたね。

なかなか思うようにはならないのが盆栽の面白い所です。

さてさて、一番上の楓はこの二年で十分樹勢を乗せたので、予定通り来春にでも取り木をかけるつもりでおります。

何年か掛けて下枝を充実させれば、ある程度は見れるようになりそうな予感。


楓は丈夫で育てやすいと良く言われますが、生育旺盛で日頃のチェックが欠かせないためズボラな私には結構高難度の樹種だったりします。

ほっとくとすぐ枝が間延びしたりゴツくなってしまうので、ごまかしがききません笑

そろそろ葉を落として剪定しないといけないんですが……丸裸にするのがちょっと怖いなあ…うーむ。
[PR]
by 1000ray | 2011-12-01 18:15 | 盆栽

お金を使わない盆栽術

c0219927_20553295.jpg

お金をあまり使わず盆栽を続ける為のテクニックの一つとして、

「敢えて問題アリな木を買う」

というのがあります。
例えば先日私が入手したこの唐楓。
どうやら今年水切れを起こしたようで葉先がチリチリに痛んでしまってます
(完全に枯れてしまった葉も)
そして大きな剪定跡も数ヵ所ございます。

これだけマイナス要素が揃っちゃうとそりゃあもう非常にお安く買える訳でございますよ。

今年は樹勢回復に努めて来年にでも左手の指の辺りで取り木をかければ
腰の低い良い素材になるんじゃないかと思ってます
傷痕はいずれ塞がるでしょうし

再生できる見込みがありそうなら、難アリな木を敢えて選んでみるというのも
良いのではないでしょうか。(というか自分の場合基本的に難アリな木しか
買えないんですが)

あ、でも変な黒松や五葉松だけは買わない方が良いですよ!(安いけど)
植木崩れの松の盆栽って何故かよく出回ってるんですが、いかんせん作りが粗いし
取り木も成功する率が低いので作り直すのも容易ではありません
あと松類は弱りだすと止まらないという事も聞きますし

『畑で適当に育てて後は鉢に植え付けて一丁あがり!』

何故か黒松五葉松に多いこういう植木盆栽ですが、どうか皆さんも
くれぐれも手を出されませんよう…
[PR]
by 1000ray | 2010-05-10 20:55 | 盆栽