タグ:夏ぐみ ( 10 ) タグの人気記事

満開

ナツグミが満開です。あまつさえ満開です。

c0219927_14425181.jpg


房のように花がつきました

去年は木を休ませるために花を全部摘んでしまったので、今年はここぞとばかりに咲き誇っているようです。

グミの花は香りがよくていいですよね。(厳密には花じゃないらしいけど…)

新芽もかなり伸びていたので、この後芽摘みをしておきました。
グミの仲間はほっとくとあっという間に徒長しちまいますので 笑

日差しに夏を感じる今日この頃です
[PR]
by 1000ray | 2012-04-14 14:41 | 盆栽

ナツグミがようやく落葉

ナツグミの落葉は大抵遅いもんなんですが…今冬はいよいよ遅れ、ようやく本日落葉となりました。

c0219927_15422575.jpg



ご近所のロウバイも葉を付けたまま花が咲いてるし、今年の冬はちょっとおかしいのかも。

まあ、去年みたいに鬼のように寒いのよりは良いですけど 笑


さてさて、ようやく落葉したナツグミさん。
枝がよく見えるようになったので、軽く剪定しておきました

c0219927_1545413.jpg


といっても枝先を軽く切り詰めた位ですが…あと不要芽の掻き取りと。


盆栽の枝はとりあえず全体が不等辺三角形になるよう剪定するのが基本…ということなので、とりあえずそれを目指して枝を整えておきました

ナツグミは展示会シーズンに実を付けないので盆栽樹種としてはややマイナーな地位に追いやられてるんですが…

でも落葉した姿を雑木として飾れば、冬もそれなりに楽しめると思うんです。


頑張れナツグミ。私は応援しているぞ…

そんな感じです。
[PR]
by 1000ray | 2012-01-14 15:38 | 盆栽

ナツグミの芽摘み

今年は全体的に芽出しがちょっと遅いような気がいたしますね
まだたまに寒い日があるからでしょうか

近所の造幣局の桜も開花が進まないそうですが…。

とは言えこの頃はさすがに木も活発になってきておりますので、チマチマ
芽摘みなんかをやっております


c0219927_2044154.jpg


↑は毎度おなじみの石付きの夏グミ。

去年は実姿を楽しませて頂いたので、今年はちょっと休んでもらって
その分樹姿優先の生活を送って頂きましょう、ドゥフフ

実物盆栽の中でも、ウグイスカグラとぐみの仲間は新梢の徒長が著しいような気がします

時としてすさまじい生長速度を発揮するので、育てる方としても油断は命取り…

弟よ、このオレを殺すつもりでかかって来るがよい!(背景に稲妻)

c0219927_2044126.jpg


幹肌にはもう少し古さが欲しい所。まだまだ若い木です
[PR]
by 1000ray | 2011-04-20 20:04 | 盆栽

夏グミは頑強

c0219927_16525714.jpg

c0219927_16525723.jpg

当たり前ですが、もう実姿は終わっている夏ぐみを剪定&針金掛けしました

…今日も雨で陶芸が出来ない…orz

しかし毎回思うんですが、盆栽を上手に撮るのって本当に難しいんですよ
実物はもうちょっと風通し良さそうなんですが、遠近感が無くなるせいか
どうも…雰囲気が出ませんなあ。

通販の写真を実物以上に上手く撮る盆栽園さんがうらやましいです…(皮肉かよ!)


さてこの樹ですが、ちょっとだけ輪郭をサイズダウンして幹を隠していた前枝を整理。
その後直線的に伸びていた枝を短く切って針金を掛けました

針金を使って上下方向だけでなく水平方向にも枝をくねらせてやると何となく
盆栽チックな雰囲気が出ますね(?)


グミは実付きが良く太りも早く性質は強健です。葉を透かしたりしても
すぐにまた葉が出てくるし。

入門者の方でも恐らくは安心して楽しめる樹種なんじゃないかと。
あ、でも実姿は休みの年も作ってあげましょうね

ただ一つ難点を挙げるなら…とにかく水を欲しがりますねこやつは。
一人暮らしの方にはちょっと夏場が厳しいやも知れませんなぁ
[PR]
by 1000ray | 2010-07-03 16:52 | 盆栽

そうは言っても無理矢理飾ってみる

c0219927_21305628.jpg

はい、無理矢理飾ってみました。

『実物盆栽は里山の風景を演出するモノ!』…という固定観念が自分の中にはあるので、
添えには例の小屋入りのお地蔵さんをチョイス。


が、小さくて何が何やら……。


本当は適度な大きさの鹿の添配や茅舎石等があれば良いんでしょうが

無論そんな高価なブツは買える訳がありません。

ま、まぁアレですよ、貧乏はDIYの母なんですよ!…多分。
(そもそも七輪陶芸だって鉢を買うお金が無いから始めた訳だし)

この夏ぐみももうちょっと持ち込んで樹格が上がれば、染付の鉢なんかに入れてあげると
夏は涼しげで良さそうな気もします。

いえ、絵付け鉢なんて未来永劫買える気も作れる気もしませんが…
[PR]
by 1000ray | 2010-05-25 21:30 | 盆栽

花やら実やら

c0219927_18262693.jpg

c0219927_18262678.jpg

c0219927_18262623.jpg

いつの間にかキンバイが咲いてました(画像二枚目まで)
アレ?こいつ蕾なんてあったっけ…?

名前からして何となく黄色い花なんだろうと思ってたけど実は橙色なのね。
(花の色形も気にせず山野草を買うのは自分くらいかも)
葉の形は何となくバラやイチゴ系を思わせますが、どうなんでしょうね


三枚目の画像は例の夏ぐみの実の様子。だいぶ色づいてきました

忘れないうちに写真撮っとかないと、いつ鳥に食べられるか分かりませんからな…

実があるうちに一度くらい飾ってみたい所なんですが、生憎うちには
そんなスペースが無いので…せっかくの実姿にも晴れ舞台は無さそうです

すまん、夏ぐみ次郎。
[PR]
by 1000ray | 2010-05-25 18:26 | 盆栽

夏グミの実

c0219927_15123753.jpg

今はこんな感じです。結構膨らんできましたね
この夏ぐみですが、今年はこんな感じで実をつけさせてみようかと思ってます
枝も大体出来てきたし、木自体もそれなりに大きいので何年かおきに付けさせる位なら
まぁ大丈夫でしょう。
発酵油粕に加えて骨粉と液肥でリン酸とカリウムを…食らえッ!

さて、盆栽の世界では夏ぐみよりも寒ぐみ(苗代ぐみ)の方が人気が高いようです
展示会がある時期(冬~春)に実を付けるからでしょうか

個人的には葉の色や実の形、夏ぐみの方が好きなんですが。冬は落葉するし

まあそういう問題でもないようです
[PR]
by 1000ray | 2010-05-09 15:12 | 盆栽

ナツグミビフォーアフター

c0219927_1817090.jpg

c0219927_1817074.jpg

あの寂しい枯れ木のようだった夏グミが…何と明るく広々とした収納スペースに様変わり!

…という訳で、植替えから2ヶ月でこうなりまんた。元気一杯ファイト一発!(仮)

…関係ないけどファイトって一発二発って数えるもんなんでしょうか…?


グミはこの時期良く枝が伸びますね。
芽摘みや軽い剪定なんかはたまにやってはいるんですが、
それでもちょっと枝が暴れている感これあり、です。
…ま、まあ細かい所は大目に見て下さい…

※私の盆栽の作り方はかなり適当です。


この夏グミはうちの盆栽の中ではかなり大きい部類に入る木です。
樹高自体はそんなでも無いと思うんですが、枝を広げている空間が大きいので
見た目上ボリュームが結構あります…石付きだし。


うちの貧弱な松柏盆栽の隣に飾ろうもんなら確実に松が食われちゃうと思います。
[PR]
by 1000ray | 2010-04-20 18:17 | 盆栽

夏ぐみが…

c0219927_1741304.jpg

開花しました。グミの仲間って花の香りが良いですよね。
この夏ぐみの花も色こそ目立ちませんが、とても清々しい香りがします。

そういえば、夏グミってちょっと不思議なイキモノなんですよね。
春に大きめの冬芽がパカッと開いたと思うとそれがそのまま葉になり、開いた中から
奇妙なジェット風船のようなブツが何個か出てきたと思うと今度は
それの先が割けてきてそのまま花弁になります。(正確には『がく』らしいですが)
奇妙なイキモノだなぁ…。

マメ科でもないのに窒素固定(空気中のチッソを肥料分として取り込む)したりとか、
盆栽の中でもちょっと異彩を放つグミ類です。
[PR]
by 1000ray | 2010-04-02 17:41 | 盆栽

ぼつぼつ植替えてます

c0219927_929455.jpg

c0219927_929445.jpg

c0219927_929497.jpg

はい、やって参りました植替えシーズン!(ジャパ○ットの高田社長の声でお願いします)

…という訳で今年もボツボツ始めました、盆栽の植替え。画像は夏ぐみの時の様子です。
二月下旬から植替えをスタートする時はまずは落葉樹から始める(松とかは後回し)のが
多分普通だと思うんですが、中には百日紅(さるすべり)のように落葉樹であっても
寒さに弱い輩もいるので盆栽初心者には油断がなりません。
耐寒性や植替え適期は本で調べましょう。

あとバラ科(梅カリン長寿梅ボケ野イバラ姫リンゴ山なしカイドウetc)は面倒なので
自分はまとめて秋に植替えてしまいます。

っていうか園芸種にバラ科多すぎ。お前らはマイクロソフトか!
バラ科を春植替えると根頭ガン腫病がありますので気をつけましょう。
特にバラや桜や長寿梅、ボケなんかはよくあるそうです。(まだ見たことナイですが)

個人的に盆栽の植替えで一番悩むのが植える鉢です。(作ってるクセに!)
画像一枚目をご覧頂ければ分かるように、このグミにも鉢候補を3つも立ててしまいました。
(3つとも鉢底ネットと固定用の針金はセット済み)
比べた結果結局青い正方鉢を選んだ訳ですが、これもバランスとしてはまぁまぁといった所かと。
本当にピッタリという鉢をあてがうには相当な数の鉢を持っていないとダメですね…
来年の春には『ヒャッハ~!盆栽鉢ならすでに存分に作ってあるわ~!!』…という状況が
作れれば良いのですが。(主に釉薬もので)

二枚目の画像は用土作りの様子。赤玉土と桐生砂をふるいにかけて、4mm以上のゴロ土と
1mm以下の微塵を外し、それに少量の竹炭と樹種に応じて腐葉土を混ぜてます。
ゴロ土は鉢底の石として使用。

この夏グミはもっと立てて植えてあったんですが、三枚目の画像のように少し左側に傾けて植替えました。
(植え付け角度の変更は私のような初心者にも気軽に出来る改作?…です)
右側に生えている三ツ股の枝は外して、左側に伸びる幹から右へ枝を作った方が
木の流れがはっきりして良いのかなぁと思わないでもないんですが、自信がありません。
(経験者の方のご意見お待ちしております)

ちなみにグミは根が窒素同化をするそうで肥料をあまり必要としません。マメ科みたいだなぁ…。
[PR]
by 1000ray | 2010-02-23 09:29 | 盆栽