タグ:杜松 ( 7 ) タグの人気記事

遅れた春の到来

ようやく春っぽくなってきました。
広島の桜は…満開まではもう少しかかりそうな気配です


c0219927_16223417.jpg

c0219927_16225896.jpg


変態杜松さんの芽もだいぶやる気を出してきました。(ピンぼけですみません)

この木は3月頭から肥培をしています。杜松の施肥は早めからがコツだそうですよ

それにしてもこの木は水を欲しがりますね。すでに1日三回ペース…
まあ小さな鉢に閉じ込めた自分も悪いんですが 笑


c0219927_162857.jpg

こちらは杜松の品種「白峰」の苗木アップ。
丸い花がつきまくりです。
もいでももいでも減る気配なし…グフッ


しかし一応同じ杜松なのに両者葉の雰囲気が全然違います。
同じなのは指に刺さることくらいかなぁ…
さっき杜松で遊んでいたら指から血が出ました 笑


中々侮れません
[PR]
by 1000ray | 2012-04-06 18:20 | 盆栽

杜松の古葉取りなぞ

c0219927_14544898.jpg


相変わらず面白い姿の杜松さんです。

このままでは間違っても本格盆栽の道は
歩めぬ運命ですが、それもまた一興(仮)。

杜松は近縁種の真柏と比べると色々と
気難しい面があり、盆栽界の普及度で見ると
両者の間にはかなりの開きがあります。多分。

少なくとも出回っている素材の量は全く違います。


が、個人的には杜松の方が好きなんですよね…。
松を思わせるトゲトゲしい葉と、黒松に対する
赤松を彷彿とさせるような繊細さが良いと思います。

近い将来、真柏に飽きた愛好家の間で
杜松が流行するような気がしているのですが…
どうでしょう?

c0219927_1555553.jpg

さてさて、この変わり木杜松もこの時期に
お手入れだけはしておきましょう。

まず金属製のヘラで殖えすぎたギンゴケを剥がし、
根張りが見えるようにして…

c0219927_1514479.jpg

こんな感じで枝元に残っている古葉を鋏で取って
懐の風通し、日当たりを良くします。
弱い枝はそのまま放置。

ついでに三つ叉になった枝を二股になるよう剪定しました。

ってか指が痛いです…。

結構チクチク来ますね…汗
この後幹洗いで全体を掃除。

c0219927_1523511.jpg

幹洗いでシャリ幹が目立つようになって
少しは引き締まった姿になったでしょうか。


この木も本気で盆栽として考えたら取り木で
作り直すほか無いんでしょうが…

ま、たまにはこういうハグレた盆栽も
良いんじゃないかと思っています。 

どうやら私のハグレ鉢とは相性が良いようで…

作り主に似たのかなぁ…
[PR]
by 1000ray | 2011-12-03 14:53

youth gone wild

唐突なんですが、私はそろそろ自分の生き方を
ちょっとずつ変えていこうと思っています

負けたくないからと予め争いを避けたり、傷つきたくないからと
無難な言葉を探し口にする…

そういう草食系な生き方にはちょっと疲れちゃいました

その反動でこのブログでは結構言いたい放題だったりするんですが…笑

あ、鉢作りの方もやりたい放題でしたね

趣味の分野ではむしろ爆発気味なようです。

c0219927_17115212.jpg


この杜松みたいに(?)、少しは奔放に生きてみたいなあと思うんですね
少々嫌われたってまだ若いんだし、まあどうにかなるでしょう!



P.S.今回のタイトルは洋楽の曲名から取ったんですが、
  歌詞カードの和訳が酷いんですよ

  We are the youth gone wild.という歌詞が…

  「オレ達はワイルドになったヤング」


   もうちょっとどうにかならんかったんでしょうか…
[PR]
by 1000ray | 2011-11-01 16:59 | 雑記

とせうの植替え結果

杜松の『寒の内バクチ式植替え』から早1ヶ月以上が経ちました
いよいよ結果発表です…Gokuri

c0219927_21594446.jpg


じゃん、現在もバリバリで元気ですよ!

腐った根も含めかなり根切りをしたので『これはトドメを刺してしまったか』と
相当覚悟をしておったのですが…

特に今まで枝枯れも無く、芽も順調に膨らんできております

いやぁ、良かった良かった。寒い時期の植替え、杜松には良いのかも知れません


『杜松は真柏よりも肥料を好むため施肥は三月上旬から早々に開始しやがれ』

こう近代出版の本には書いてありますので、今日から一足先に施肥を開始しました
(マ○タの玉肥とIB化成一個ずつ)

…真柏より多肥に育てるのに太りも生長も真柏よりずっと遅いなんて…
杜松、面白すぎ。

こういうヘソ曲がりな樹種の方がかえって親しみが湧くのは私だけでせうか…?(笑)

これは六月になったら挿し木で殖やさねば…ジョワジョワジョワ(※笑い声)
[PR]
by 1000ray | 2011-03-10 21:59 | 盆栽

杜松ビフォーアフター

(↓の記事続きです)

という訳で、植替えた姿がコレでございます
c0219927_16393862.jpg



樹形は…文人のような斜幹のような変わり木のような…う~ん、よく分からん…(オイ)

この木は関東の愛好家さんから

『とりあえずここら辺の木全部持って行って売ってきてくれんか』

…と頼まれ、東京の盆栽園さんが今回広島に持ってきた木の中の一つだそうです

…棚場の片隅で細々と生きながらえてきたんですね、わかります。

確かにちょっとクセのある木ですが、そこにやっぱり一クセある自作南蛮皿を
合わせてみると…お、結構似合ってるような気がしません?

どうでしょう?


しかし本当にこの時期で大丈夫なのやら…
とりあえず、春までは穴開きビニールハウスで保護でございます
[PR]
by 1000ray | 2011-01-29 16:39 | 盆栽

広島は雪デス

c0219927_16154740.jpg


焼 け ま せ ん \(^0^)/

ブログのタイトルは名ばかりかッ

…仕方ないので、杜松の植替えをしました

杜松の植替えは普通5月~6月にやるモノです。私もそう思ってました
暖かくなってからじゃないと根が動き出さないというのがその理由。

…が、春嘉さんもブログで触れられている盆栽本『写真でわかる盆栽づくり』には

 (杜松は)近年寒の内も植替え可能で、むしろ木を痛めないという事が知られ
 主流になってきました

…と書いてあります。

…本当でしょうか…?

この本、作例はとても立派な木が多く見ていて楽しいんですが…
どうも内容の方はちょっとアヤシイ所があるように思っています(笑)

という訳で、率直な所この本についてはあまり信用してない部分があるんですが、
でも実際にやってみないと分からない所というのもあるので…
ここは一つ、この本の事を信じてやってみる事にしました

というのも昨日買ってきたこの杜松、簡単に鉢から根鉢が抜けてしまう
状態だったんですが…どうもそうやって見た所、根の一部が痛んでいるみたい。
早い内に切っておいた方が良さそうなんです
(以下↑に続く…)
[PR]
by 1000ray | 2011-01-29 16:15 | 盆栽

展示会Report最終回~買い物内容編

ようやく買った物に触れられます。やれやれ…

c0219927_16242892.jpg

竜神ヅタが無かったので(チッ!)、代わりに買ってきたミニの『ツタ』根巻き素材。
盆栽界では夏ヅタと言います。
しかし鉢が無いと不安だなぁ…植替えは三月まで待つべきなんでしょうか…?

c0219927_16242881.jpg


続きまして、無駄に鉢が大きすぎる長寿梅。(鉢が小さかったらすぐに売れたろうに…)
裏面も使える有難い樹形です


c0219927_16242839.jpg

荒皮性…かどうかは知りませんが、とりあえず幹が荒れているイボタ。
頑丈な樹種、らしい。

c0219927_16242815.jpg

得体の知れない形の(笑)杜松。イボタにしてもそうなんですが、何故か妙な木が
目に入ると逆に欲しくなってしまうんですね…

以上四点。宣言通り、松は買いませんでした!(パチパチ)

合計金額は…一万円と二千円。買いすぎた…orz

値段の内分けはクイズにしても良いんですが、残念ながら…賞品のドングリが
手持ちにありません(笑)
[PR]
by 1000ray | 2011-01-28 16:24 | 雑記