人気ブログランキング |

タグ:赤松 ( 29 ) タグの人気記事

赤松もイモムシ化

c0219927_2034738.jpg

c0219927_2034769.jpg

芽が長~く伸びてきております。(本当にイモムシみたいだなぁ…)
もうちょっと経って葉が出てきそうになったらみどり摘みですね


この木は大して肥料なんてやってないんですが、鉢が生育に
向いているようで一年中妙に元気一杯です

粗い粘土で鉢を作ったのが良かったんでしょうか。

…いや、むしろ鉢穴を開けまくったせいかも…
この大きさで5つ穴とか正気の沙汰じゃありません

今の私が同じような鉢を作ったとしてもさすがに…
ここまで穴を開ける事は無いと思われます(笑)

軽量化かよ!


『趣味の盆栽鉢作り』といっても色々幅があると思うんですが、完全に
自分専用として作るならこういう『超植物側に立った鉢』というのも
アリなのかなぁとも感じています。いや、これはさすがにやり過ぎですが…(笑)

鉢の雰囲気はかなり気に入っている方に入るんですけどね…(笑)
Best3には入ると思います
by 1000ray | 2011-04-05 20:03 | 盆栽

気温が安定してきました

例年よりちょっと遅く楡欅の新緑シーズンが到来です

おなじみのミニ直幹
c0219927_1811363.jpg


豆盆栽
c0219927_1811328.jpg


豆盆栽の方が植替えをしていない分幾分か芽出しは早いようです
(全く方向性の見えない木ですが…あと葉物に瑠璃鉢ってどうなの…)


c0219927_1811355.jpg


寒い時期紅葉していた(?)赤松の苗も緑が戻り、芽が伸びてきました

これからはしばらく植物のみなぎる力を感じられる季節が続きますね

c0219927_1811331.jpg


そうそう、この間私の盆栽置き場を立体的にリニューアルしたんですよ
風通しが良くなって、ちょっとは『棚場』っぽくなったでしょうか(笑)
by 1000ray | 2011-03-31 18:11 | 盆栽

『釣り糸』を植替え

c0219927_16385222.jpg

c0219927_16385244.jpg

去年の春に我が山からさらって来た釣り糸(※赤松の名前)を植替えました

この釣り糸さん、去年の春は葉がやけに短かったんですが。
どうやらあれは幹が折れて胴吹き芽しか残っていなかった状態だったためのようです

この一年で根はぎゅうぎゅう状態(正直ずっと根腐れが心配でした笑)

他の松に先駆けて早くも冬芽の先が丸くなってきたので、今日植替える事にしました

用土は日向軽石(白ボラ)と桐生砂の混合粗めが6割、残りは赤玉土。

赤松は水はけが良い用土で育てた方が個人的には安定した精神生活が送れます(笑)
乾きには強いですし、黒松に比べると根腐れを起こしやすいので…

さてこの木の今後なんですが、超やせ作りにして芽切りもせず、
あまり針金も使わず基本的には鋏作りで育てていこうかなぁと思っています

針金を使うととても早く樹姿が整うんですが、たまには急がす焦らず…

どこもかしこもという一文字がひしめいてますが…
せめて盆栽くらいはのんびりやっていく姿勢を持ちたいと思っています
by 1000ray | 2011-03-05 16:38 | 盆栽

赤松も…

真柏の時も思ったんですが、自分の剪定って結構思い切ってますな……。

ま、まあそれはともかくとして(オイ)、赤松さんの方も前々からの構想通り
枝を剪定しました。

c0219927_15434953.jpg



残した枝ジンは今はまだちょっと長め。
何年か放置して、朽ちさせてから短く整えようと思っています

c0219927_15434925.jpg


この赤松はご覧の通りの細幹ですが、幹肌の古さやシャリの厳しさ、
屈曲の激しさは中々なんですよ(…多分。)

自作の素っ気ない鉢もだいぶ落ち着いて似合ってきたんじゃないでしょうか…
(自信ないけど)

赤松の盆栽は黒松や真柏に比べると数が少ないですが、やっぱり他には無い
独特の味わいがあります

…たまりません。
by 1000ray | 2011-02-05 15:43 | 盆栽

改作を考えねヴぁ

c0219927_1633867.jpg


この樹齢十数年と思われるアイグロマツ(芽は黒松、葉は中間くらい、皮は赤松系)、
そろそろ真面目に将来を考えてあげなければいけません

入手した頃は扇作り(?)のような感じでしたが、このまま持ち込んでも
先が知れております。幸い幹はまだ細いので、今ならば何にでも改作可能。

去年の今頃はまだ葉色が薄くちょっと元気がなさそうでしたが、
それから一年間樹勢をつける事に専念したので今年の木の状態は良好です
これなら大きな作業をしても大丈夫でしょう

c0219927_1637288.jpg


構想案その一。
青線の幹筋で文人木を目指す案です(他の幹枝は赤線で剪定)
下がり枝になりそうな枝もあるし、文人木としては特に問題なさそう
ただ左側の太枝を2本抜くので大きな傷は残るかも。
枝を短く残して皮を剥き爪ジンにするのもアリですが、左側に二本ジンが並ぶ姿は
ちょっとクドいかも…

c0219927_17333471.jpg


構想案その二。
一の枝を残して半懸崖か曲幹のような樹形に改作。(赤い部分を残してジンに)
う~ん、こっちの方が構想としては自然でしょうか…?
これなら切った幹の部分をジンにすれば立て替えた傷も気にならなそうな感じです
ただ形が決まりすぎてしまうのがちょっと心配といえば心配。

最初は一番目の案で考えてたんですが、画像を見ながら頭の中を整理してみると
二番目の案の方が素直なような気もしてきました

…盆栽猛者の方々のご意見をお伺いしたい所です


c0219927_1656643.jpg


さて昨年入手したこの接五葉も、ちょっと左側に伸びる枝が冗長すぎるんですよね…

c0219927_1658939.jpg


この画像のように青い幹筋だけ残して上と左の枝をスッパリ無くしてしまえば
面白い曲のある懸崖に出来るんじゃないかと思うんですがどうでしょう

c0219927_171394.jpg


お馴染みのこの赤松も、青い幹筋だけを残して残りの部分は爪ジンにする予定。
(赤い辺りをジンにしようかなと)
この木は極力枝を少なくした方が幹の厳しさと釣り合うような気がするんですね

こうやって見てみると、どうも私は枝の少ない木の方が好きなのかも知れません…
模様木でも枝葉の密度は少し風通しが良さそうな感じの方が好きですし


さてこうやって構想を練るのは良いんですが、実際に改作作業を行うのは
2月後半くらいからの方が無難でしょうね。今の厳冬期にやってしまうと保護が大変です

短気は損気。損気は短気(仮)
by 1000ray | 2011-01-21 17:13 | 盆栽

イソガイさんから松を頂く

c0219927_13392884.jpg

c0219927_13392842.jpg

c0219927_13392894.jpg

c0219927_13392882.jpg

私の粗鉢のお礼としてわざわざ送って下さいました。それも5鉢も


すみません、本当に交換が釣り合って無いです…本当にすみません。
受け取ってから荷作りをするべきでした…

イソガイさん、私の第二便をしばらくお待ち下さい。必ずやもっと沢山の鉢を
送って差し上げますから!


それにしてもイソガイさんはさすが松柏盆栽のベテラン、木作りが本当にお上手で
いらっしゃいます。ミニの懸崖も作っておられたとは…

大事に育てさせて頂きます、本当にありがとうございます。

私が新しい盆栽を手に入れた場合、大抵はもう合わせる鉢作りの方に考えが進んでいる
モノなのですが、今回ばかりはとにかく恐縮しっぱなしで…
全然そういう余裕がありません

次は中深鉢なども入れてお送りしますね!
by 1000ray | 2010-12-15 13:39 | 盆栽

鉢の形も盆栽の姿も

シンプルが私のモットーです

c0219927_15491559.jpg


という事で、この懸崖赤松ももっとシンプルにしたいのですよ
今の姿は全体的にごちゃごちゃしておるというか、粋じゃありません

c0219927_15491525.jpg


来年の早春にでもこんな感じで、下に垂れ下がる枝だけにしてやろうかなぁ、と
(隠しそびれた左上の枝も剪定して)

今大きな改作をすると冬季保護が大変なので、私は大体2月末くらいを目安に
こういう作業をするようにしています

なので今はただぼんやりと盆栽達を眺め将来の姿を考える時期ですね


鉢も盆栽も極力シンプルな姿を目指している私ですが、でもシンプルという事は
全てを晒けだしてありのままの姿で勝負するという事でもあります

自分のセンスの無さにおののく時が良くあります。
by 1000ray | 2010-12-13 15:49 | 盆栽

改めて比べてみると

前にも書きましたが、ちょっと画像で比べてみました

c0219927_19311848.jpg

これがちょうど5ヶ月前の赤松の苗木です

c0219927_19311863.jpg

そしてこれが今現在の状態です。


一体この5ヶ月の間に何があったでしょうか…皆目見当も付きません


別の高校に進んだ中学時代の大人しかった同級生を半年ぶりに見かけたら
何か金髪タバコのバリバリなヤツになってたとか、それ並の変貌ぶりです

結局春から今までに三回も枝を伸ばしてしまいました。この強欲な壺がッ(仮)
もしかしてこういうのは松の苗木にはよくある事なのか…?よく分かりません


しかしほんとザンバラ頭みたいな見た目になっちゃいましたね。
冬の休眠期に行う葉調整は本来は前年葉を中心に切り落とすんですが、
この分だと今年葉もかなり切ることになりそうです

今のままじゃ枝すら見えやしないッ
by 1000ray | 2010-09-28 19:31 | 盆栽

赤松の苗がボサボサ

c0219927_1795984.jpg

私は松類はあまり甘やかさない主義なので、春~夏の間赤松と五葉松には
ほっとんど肥料をやりません

が、ちょっと今年は実験的に肥料をやってみたら…ご覧の通り葉が伸びる伸びる!
ボッサボサエアマックスですよ!(仮)

しかも画像では分かりにくいですが、何もしてないのに勝手に二番芽が出てきて
枝が二年分増えちゃいました。

アレでしょうか、普段から粗食だと肥料の吸収率なんかも変わってしまうんでしょうか?
軸もずいぶんとしっかりしたような気がします。


不思議なモノですなあ。
by 1000ray | 2010-08-25 17:09 | 盆栽

赤松の葉を間引き

c0219927_1915040.jpg

ちょっくし葉を減らしましたよ(前年葉を中心に)

この時期にあまり葉を減らしてしまうと樹勢に影響が出てしまうんですが、
まあ今年は芽切りもしないし多少葉を減らすくらいなら大丈夫でしょう

何しろ赤松は枝先の繊細さが一つの見所ですからなあ。
早いうちに葉を減らしておいた方が細い枝先が維持されやすくなるという訳です


黒松ならこの時期に芽切り(今年の枝を元から切る)をして短い二番芽で
枝葉を作るんですが、赤松は黒松ほど樹勢が強くないので芽切りは二年に一回程度に
止めておいた方が無難なようです(この樹は今年植替えたので芽切りはお休み)


って言うかこの樹にこの正方鉢って…正直イマイチなような気が…

いや…幹の一部が白骨化した『シャリ』があり幹筋も屈曲激しく、いかにも
自然の厳しさを思わせる樹だと思ったので鉢の形も厳しさの表せる角鉢が
合うかと思ったんですが…

どうもここに来て丸鉢の方がピッタリくるように思えてなりません。
葉が優しい感じだからでしょうか…う~ん、難しい…


赤松といえば、最近楽天の某お店から中々良い赤松素材が出てましたよ
幹肌がバリバリに荒れていて(多分樹齢20年以上?)細幹で懸崖樹形、
お値段は4000円弱だったかな

…と思って今見てみたら、もう売れちゃったみたいですね。やっぱり
作りやすそうな樹はすぐ売れます

自分もこの赤松が無ければまた本能で買ってしまう所でしたわい
幸い似たような木だったので命拾いしました。(模様木か文人木なら多分
買ってしまってましたね…危ない危ない)
by 1000ray | 2010-07-02 19:01 | 盆栽